編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

鬼車を喰らったJRuby―正規表現処理が大幅に高速化

後藤大地(オングス)

2007-11-30 20:24

 JavaによるRubyの実行環境「JRuby」は目下パフォーマンス向上に取り組んでいる。すでに大幅な速度向上を実現しているが、今回「鬼車」を取り込むことでさらにその勢いが加速しそうだ。

 27日(米国時間)、JRuby trunkにJoniがマージされた。JoniはC言語で実装された正規表現ライブラリ「鬼車」をJavaで実装したもの。これまでJRubyでは正規表現の処理が性能のボトルネックになっていたが、鬼車の力を取り込むことでこれを解消する。

 JRubyの次期バージョンのリリース時期はまだ明示されていないものの、実行速度に非常に期待できそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]