編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

YahooがGoogleのOpenSocialを支援:MSとの関係は?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-03-26 17:46

 Microsoftが5つのソーシャルネットワーキングサイトとの相互運用性協定を発表したのと同じ日に、YahooはGoogleを中心とするソーシャルネットワーキングイニシアティブであるOpenSocialに参加したことを発表した。

 Yahooは米国時間3月25日、OpenSocialグループに加わるほか、MySpaceやGoogleとともに、非営利団体のOpenSocial Foundationを設立することも明らかにした。これにより「ウェブ全体でのソーシャルアプリケーションを構築するためのオープンかつコミュニティ主導で管理された仕様として、OpenSocialの中立性と永続性を確保する」という。

 昨年終わりにGoogleと発起人たちによるグループが、オープンなソーシャルネットワーキングのためのアプリケーションプログラミングインターフェース(APIs)の一式を作り出す計画を発表したときには、これはFacebookがその開発プラットフォームを開発者に対してもっとオープンにすると決定したことに対抗する動きであると業界観測筋はみていた。

 さほど驚くことではないが、MicrosoftはOpenSocialの支援者ではなかった。そして今でもそうではない。(Microsoftが昨年2億4000万ドルを出資したFacebookも支援者ではない。)しかし25日に発表されたMicrosoftとの連絡先共有協定に署名したソーシャルネットワーキングベンダーのうち2社のHi5とLinkedInは、OpenSocialの支援者である。

 Yahooは最近、数多くの「オープン」戦略的な動きをみせているが、これは買収を迫るMicrosoftにはおそらくあまり受け入れられないだろう。YahooがGoogleを中心としたOpenSocialイニシアティブを支援することも、そのような動きのひとつとして加わった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]