編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オリンピックがネットで見られるようになったワケ(ZDNet Japanブログより)

サイバーエリアリサーチ

2008-06-02 16:45

 いよいよ北京オリンピックが近づいてきました。4年に一度のオリンピック。オリンピックイヤーの間の4年間が、だんだん短くなっているような錯覚に陥る今日この頃。。今回は、そのオリンピックにからめてお届けします。

■IPアドレスのデータベースって?

 サイバーエリアリサーチでは、IPアドレスの調査によって、Webサイトへのアクセスユーザーが「どこからどうやって」インターネットに接続しているかについてのデータを収集したIP Geolocationデータベースを作成しています。

 このデータベースを使うことで、インターネットのユーザーがどこにいるのかが分かります。(※このデータベースでは個人を特定することはできません。詳しくは「IPアドレスからわかること」)

 このインターネット上の位置情報は、コンテンツ/広告の地域配信、配信地域制限、不正アクセスブロックや不正検出など、多様な分野で利用されています。

 でも、システムの「裏方」として動くため、エンドユーザーからはその存在を意識されないという特徴を持っています。これは「ユーザビリティの低下を招かない」というIP Geolocation技術の長所を示しているのですが、それゆえこの技術が世界中の様々なビジネスで既に利用されていることはあまり知られていません。

 そこで、サイバーエリアリサーチのIP Geolocationデータベースがどんなところで使われているかについて、ご紹介していきたいと思います。

全文はこちら--「「ズームイン!IPアドレス」ちょっとドメインも」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]