CTCとウイングアーク、JRuby利用したエンタープライズ向け帳票分野で協業

田中好伸(編集部)

2008-07-14 21:12

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とウイングアーク テクノロジーズは7月14日、エンタープライズ市場を対象に「JRuby」を利用した帳票ソリューションを共同で展開していくことを発表した。

 CTCは企業向けの大規模システム開発で実績を持っているが、ここ最近では、オブジェクト指向スクリプト言語である「Ruby」やRubyによる開発生産性を高めるウェブアプリケーション開発フレームワーク「Ruby on Rails」、Java仮想マシン(JVM)上でRubyを実行するJRuby、そのフレームワークである「JRuby on Rails」を利用したシステム開発でも実績を重ねてきている。

 ウイングアークは、エンタープライズ市場における帳票開発の工数削減が可能になる帳票基盤ソリューション「Super Visual Formade(SVF)」を提供。2月現在で約1万6000社の導入実績を誇っている。SVFは、帳票運用の短期構築を図り、業務負荷軽減と性能の高い帳票作成を実現。業務に適した、幅広い表現の帳票を開発、業務用途にあわせた帳票運用環境を提供する。

 両社は、SVFによる帳票システムの設計・開発・構築にJRuby on Railsの技術を適用することで、高品質なエンタープライズシステムを短期間で構築できるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]