編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

MS、新設ラボでLive Meshアプリケーションを構築する計画

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-09-10 04:32

 MicrosoftのチーフソフトウェアアーキテクトのRay Ozzie氏が率いるStartup Labsの最初の成果物は、Live Mesh上に構築されるMicrosoftが開発するアプリケーション一式となる予定である。

 IstartedsomethingのブロガーであるLong Zheng氏は先週末にかけて、Live Meshアプリケーションがどのように見え、動作するかについてのプレビューを投稿していた。しかしMicrosoftは単なるデモ用のアプリケーションではなく、いくつかの本物の、実際のLive Meshアプリケーションを構築するようだ。同社はLive Meshソフトウェア開発キット(SDK)を使ってこれらのアプリケーションを開発する予定である。これは10月終わりに予定されているProfessional Developers Conference(PDC)において披露される見込みだ。

 Microspottingブログの記事のなかには、Microsoftが開発した新しいLive Meshアプリケーションの情報の断片が盛り込まれている。同記事はMicrosoftのStartup Labsのディレクターを務めるReed Sturtevant氏を紹介している。Sturtevant氏は、2008年7月現在で、マサチューセッツ州ケンブリッジに拠点を置くStartup Labs部門は12人を採用したと述べている。Labsの使命は、Sturtevant氏によると:

 「社内から得たアイディアやコンセプトを取り入れ、これらの製品を新事業を創り出す初期段階において、どのように進展させるかを探り出す。評価する。プロトタイプに取り組む。われわれは初期段階に注力しているが、出荷する際の許可も与える。

 「われわれは2つのことに注力するように求められている:多くの熱心な観客に訴える製品と、新しい戦略的プラットフォームを推進するのを促すことである。したがって例えば、われわれはLive Mesh SDKを使い、その上にアプリケーションの一式を構築している。」

 Zheng氏は最近の投稿の中で指摘したとおり、これらのアプリケーションの興味深い点は、それがデスクトップ上、またはブラウザ内にあるようにみえる点である――Googleが新しく導入した「Chrome」ブラウザで動作するように設計されたウェブアプリケーションとはさほど違わない。Zheng氏が最近見たデモのLive Mesh「Tracker」アプリケーションに関する同氏の投稿は以下の通りだ:

 「同じデモのMeshアプリケーション『Tracker』――シンプルな『やるべきことリスト』アプリケーション――は、ブラウザ内のMeshデスクトップと(ある種の)リアルアプリケーションとしての、実際のWindowsデスクトップ上の両方で動作させることができる。このどこでも動作するアプリケーション体験を達成するために、デスクトップ上のMeshアプリケーションは実際には、Mesh Operating Environmentが提供するクロムレスなInternet Explorerの帯の中で動作する。」

 Microsoftの説明によると、Mesh Operating Environment(MOE)とは、「すべてのLive Meshサービスの統一されたビューを提供するサービス構成ランタイムであり、アプリケーションがLive Meshと相互作用するためのシンプルな方法」であるという。MOEはどこにでも存在する――利用者のメッシュ(『クライアントMOE』としての)内の全デバイスの上にもあるし、クラウド(『クラウドMOE』」)内にもある。」

 やるべきことリストのアプリケーションのほかに、読者はどのような種類の消費者アプリケーションをLive MeshでMicrosoftに提供してもらいたいですか?

アップデート:PDCセッションのリスト内で指摘されたとおり、Microsoft Live Mesh SDKは、開発者が新しいMeshアプリケーションを構築するだけでなく、既存のアプリケーションをMesh化することを可能とする。PDCセッションリストからは以下のとおり:

「Live Meshクラウドサービスとクライアントプラットフォームは、強力なFeedSyncベースのデータのシンクロナイゼーション機能、デバイスP2P、そしてクラウドリレー通信、パブサブインフラ、そしてアプリケーションのための拡張モデルを提供する。このセッションでは、Meshデベロッパーのプラットフォーム、プロトコル、APIをどのように活用して、既存そして将来のウェブサービスとクライアントアプリケーションをメッシュ化することができるかを説明する――これによりユニークな新シナリオに焦点を当て、新ユーザーに到達することができるようになる。」

アップデートその2:ある読者が、来るLive Meshアプリケーションは現在、Liveツールバーの一部になっていると指摘した。以下がその画像である:

live-mesh-apps

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]