編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフトPDCの参加者に配布されたグッズの中身

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-10-30 06:47

 Microsoftは今週のProfessional Developer Conference(PDC)の参加者に製品やリソースを満載した160Gバイトのドライブを提供した。「Windows 7 M3」プレベータビルドと「Windows Server 2008 R2 M3」プレベータビルドはこのドライブに含まれている。

  (参加者が受け取ったWindows 7ビルドは1カ月前にリークした9月の6801ビルドである。米国時間10月28日のPDCの基調講演でMicrosoftが披露した新しいタスクバーやその他の目の保養のうちかなりのものが本プレベータビルドには含まれていない。)

 このPDCドライブにはほかに何が含まれているのか?UXEvangelistブログはPDCグッズのフルリストを提供している。以下がそのうちのいくつかである:

  • 「Live Framework Software Development Kit」
  • 「Visual Studio 2010」および「.Net Framework 4.0」のテストビルド
  • 「Microsoft Robotics Developer Studio 2008 Express Edition」
  • 「Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio」および「Windows Azure SDK」

 .Net 4.0といえば、Microsoftの.Net Frameworkの次期バージョンであるが、Microsoftは.Net 4.0の最初のCommunity Technology Preview(CTP)テストビルドでいくつかの新機能や強化を披露している。なかでも以下の通りである:

  • 「Silverlight」機能:「Deep Zoom」サポート、「Visual State Manger」、新しいテキストレンダリング強化、そしてさらなる「Windows Presentation Foundation(WPF)」のサポート。
  • 「Common Language Runtime 2」と「4」を同じアドレス空間にロードする機能
  • 管理されたネイティブのコード相互運用性の改善
  • コアライブラリフレームワークに構築された「Dynamic Language Runtime」ライブラリ
  • Microsoftの「Managed Extensions Framework」へのサポート

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]