編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MS Live Frameworkの進化:改訂されたスライドが大いに物語る

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-10-31 06:53

  Microsoftの「Live Framework」は、同社がそれを初めて今年4月に発表して以来、少し進化したようだ。

  Microsoftは今ではLive Frameworkを「Live Mesh」だけでなく、すべてのMicrosoft 「Live」サービスの開発フレームワークとして位置づけている。Live Frameworkは「.Net Framework」と同種のものであるが、オンラインとオフラインのシンクロナイゼーションを必要とし、PCやウェブ、デバイス間での作業が必要な主として消費者対象のアプリケーションやサービスを中心に作成している開発者をサポートすることを目指している。

 当地Microsoft Professional Developer Conference(PDC)において、MicrosoftはLive Frameworkが今では「ライブ」になったと発表した。開発者がそれにサインアップして試運転することができるようになっている。

  Microsoftはまた、最初に同計画を明らかにした当時と比べ、そのフレームワークに多少の調整を加えた。フレームワーク内の異なるサブシステムの名称の一部が変わっている。またLive MeshとSilverlightが共に機能する方法が具体化された。同Frameworkには今では連絡先のサポートが含まれ、開発者はバイラルに拡散させることを意図したアプリケーションを構築することができる。

 「われわれはプラットフォーム内に(連絡先を)放った。開発者がそのアプリケーションをバイラル化するのを助けるソーシャルグラフ情報を提供する」とServices Marketingジェネラルマネージャーを務めるJeff Hansen氏は述べた。

 4月にはLive Frameworkの様子はこうであった:

behind the mesh

 そして今ではLive Frameworkは以下のようになった:

Live Framework

 インフラストラクチャサービスレイヤーは、新たに改訂されたスライドでは表示されていないが、以前のままである:これは「Windows Azure(Red Dog)」とAzureビルディングブロックサービスだ。「Mesh FX」(フレームワーク)は今ではシンプルに「プログラミングモデル」と呼ばれている。Meshオペレーティング環境(MOE)は今では「Live Operating Environment」(LOE?)とされている。このオペレーティング環境は3つの柱により構成される:データ、アプリケーション、そしてコミュニケーションだ。

 (もしあなたが真の構造図マニアだというなら、ここからLive Frameworkの中身がどうなっているか、これ以上に詳細な概要がみられる。)

 「リッチなアプリケーションが容易にクラウドに拡張できるようにしたい。他方でまた、ウェブアプリがブラウザフレームから抜け出し、オフラインとするのを助けたい」とLive Meshのジェネラルマネージャーを務めるAbhay Parasnis氏は説明した。「われわれはまた、アプリケーションの開発者がアプリケーションにソーシャルグラフデータを注入できるようにしたい。」

 開発者はSilverlightアプリケーションを「目に見えない」Internet Explorerのカバーで覆い、アプリケーションをMeshに公開することができるようになる。Meshシンクロナイゼーションモデルを通して、開発者はアプリケーションをすべてのMesh対応システムやデバイス上でローカルベースで稼動させることができる。ユーザーが再接続してオンラインとなったときに、これらのローカルのSilverlightアプリは自動的にシンクロナイズする。

 それではMeshで次に登場するのは何だろうか?MicrosoftはLiveサービスを基盤であるRed Dogクラウドオペレーティングシステム上にもっと移行していく予定であると、関係者は述べている。今のところ、Live MeshはMicrosoftのクラウドで(一部)ホストとされるサービスのうち最初のものである。Microsoftはまた、引き続きその土台となっている「Live Services」プラットフォームを拡張する予定である。当面そのプラットフォームは共有アイデンティティ、ディレクトリ、コミュニケーションとプレゼンス、検索と地理空間、そして連絡先により構成される。今後数カ月で「Live Workspaces」、グループ、カレンダー、そしてその他のコア要素が同プラットフォームに追加されることが予期される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]