マイクロソフトが2009年にすること、しないことを予想

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2009年01月05日 11時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今こそMicrosoftの評論家、記者、そしてくだらない批評をする人たちが、あえて危険を冒してMicrosoftに関するこれからの1年を予想するときである。

 筆者は2008年のMicrosoftに関する自身の予測を振り返ると、実際にある程度正しかったことに驚いている。

 筆者は自分の予測のうち5点について正しかった。「Fiji」の再浮上(ただし実に不首尾な)からAppleがActiveSyncをライセンスしたことを認めたこと、またOOXMLがISO標準の賛同を得たことに至るまでの全てである。また早い時期に2点を予測していた。具体的には「Windows Mobile」フォンが「Zune」に対応すること(今年のConsumer Electronics Showで発表されるらしい)と「Office 14」のベータ版が出る(Officeテスターはコードをもうまもなく受け取る予定)ことである。しかし次の2点について完全に間違えていた:結局Adobeの元幹部Bruce Chizen氏がMicrosoftに加わることはなかった。(筆者の見当は?Stephen Elop氏がChizen氏が候補となりえた職を得たと思う。)そしてMicrosoftは結局「Windows 7」の技術プレビューを出すに至った。筆者はそれが2008年内に実施されることはありえないと述べていたのだ。

 そのようなわけで、筆者の水晶玉を今いちど回転させてほしい。Microsoftが2009年に実施すると考えているのは以下の通りである。

1.Windows 7の出荷。RTMが2009年第3四半期に完了しそうな話だ。ホリデーPC、またはもしかしたら新学期PCにまで、Win 7がプレロードされるだろう。

2.「Windows 7 Server」、別名「Windows Server 2008 R2」が、Windows 7と同時またはその直後に出荷される。

3.Office 14の出荷。はい、テスターが2009年初めまでコードを受け取ることがないことは承知している。しかしOfficeチームに熱意がないわけではない。いつも通り、Officeのテスターは次期バージョンがほぼ確定してからでないとテストビルドを受け取ることはないのだ。RTMの予測は?2009年第4四半期である。

4. 「Visual Studio 2010」の出荷。この名前に欺かれてはいけない。「VS 2010」は今年内にリリースされるだろう。

5.「Azure」サービスプラットフォームを開発者に提供する。Microsoftはクラウドコンピューティング開発者市場をAmazonに完全に持って行かれるわけにはいかない。関係者は10月のProfessional Developers Conferenceにおいて、Azureプラットフォームの最終版を2009年後半にリリースすると述べていた。同社はこの目標を成し遂げると思う。

6.「Zune Mobile」サービスの初バージョンを端末メーカーや電話事業者に2009年末までに提供する。「Project Pink」別名Windows MobileのZune対応は1 月のCESで披露され、2009年末までに端末上に登場し始めるだろう。

7. 「Live Search」ブランドを「Kumo」に改称する。しかしそのクエリシェアを10%以上に成長させることはできない。もしMicrosoftがYahooと何らかの検索での提携に至ることになれば(Yahooの新CEOが就任すれば、これはいまだに多少の可能性が残されている動きといえよう)、Microsoftのクエリシェアは10%を超えるが、それでもGoogleの60%以上のシェアには足元にも及ばないだろう。DellがMSNツールバーを新PCにLive Searchとともにプレロードするとの取り決めが交わされても(これは3月に実施されると聞いている)MicrosoftはGoogleのクエリシェア分野に入り込むことはできないだろう。

8. Googleによる新たな反トラスト苦情申し立ての結果として、欧州委員会の前でWindows LiveとWindows 7の統合を擁護することになるかもしれない。

9.何千という請負業者を手放し、製品グループを統合し、雇用をほぼ凍結する。しかし9万を超えるフルタイムの従業員を解雇あるいは無給の休暇をとるように要求することは一切ないだろう。

10.あまりにAppleへの羨望で心が一杯になるため、同社の消費者事業に過剰に投資する。2009年にはMicrosoftが企業分野への配慮を怠ることで、ビジネスソフトウェアやサービスの売上が害される。

 ではあなたの番です。Microsoftが2009年にすること、あるいはしないことは何だと思いますか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化