編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、自動アップデート技術めぐり特許侵害訴訟に直面

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-03-26 10:47

 Microsoftが新たな特許権侵害訴訟に直面している。今回は、WindowsやOfficeなどのプログラムの自動アップデートに使用されている技術が問題となっている。

 BackWeb Technologiesは、米国時間3月20日にサンフランシスコの連邦地方裁判所に提出した申し立てで、Microsoftの「Background Intelligent Transfer Service」(BITS)のほか、「Windows Update」などの製品が、BackWebの特許4件を侵害していると主張している。BackWebはイスラエルに拠点を置く企業で、カリフォルニア州サンノゼに米国オフィスを持っている。

 BackWebは特に、Microsoftに対する差し止め命令とBackWebの特許が有効であることの宣言、損害賠償金を求めている。

 Microsoftの関係者は、同社はまだ裁判所文書を受け取っていないため、コメントするには「時期尚早」であると述べた。

 BackWebは過去に コンピュータに対するデータの「プッシング」技術で業界をリードしていた。

 BackWebは、訴訟内容の全文をウェブサイトにPDFファイルで投稿している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]