編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

「婚活」の成功確率をアップする戦略的な方法--マーケティングぽくやってみる - (page 2)

梅田正隆(ロビンソン)

2009-06-19 15:06

 次に、この事業における市場は、どんな環境にあるかを考えてみよう。前回、婚活に関係しそうなデータを調べたところ、競争の激しい市場であることは確かなようだ。事業環境の分析によく用いられる「3C分析」というフレームワークがあるので、これを使って考えてみよう。

婚活における3C分析 顧客 (Customer) 、競合 (Competitor) 、自社 (Company) を考える「3C」分析。使っているデータについては、前回の記事を参照のこと。

 3C分析から言えるのは、Customerの購買 (結婚) 意欲は確実にあること。市場(30歳代未婚女性)の45%は購入する可能性が高いこと。Competitorについては、参入障壁は低く、強力なライバルの参入があり得ること。ただ、1人で多くのシェア (複数の女性) をとることはできない。Company(自分)については、女性と接する機会を増やすべきであることだ。少しは可能性が見えてきた。

 さて、「who」と「how」と「what」の中で、今、明らかになっているのは「what」である。つまり、婚活している自分自身だ。マーケティング的にはwhat自体を、もう少し詳しく見てみる必要がある。

ワークシートで自己分析してみる

 婚活している自分自身を分析するには、ワークシートを用いると整理しやすい。ワークシートには、決まった書式があるわけではないので、ここでは次のようなものを用意してみた。

婚活における自己分析のためのワークシート 婚活における自己分析のためのワークシート(画像クリックで拡大表示)

 チェックポイントとして、どんなキャリアなのか、どんなスキルがあるのか、どんな性格か、何に興味があるか、相手に求めるライフスタイル、さらには自分で変えたいことは何か、を挙げた。

 ちなみに、例として作成したこのシートは、コンピュータベンダーに勤務するエンジニアA氏について記入したものである。可能であれば自己分析したものを、友人や同僚に見てもらい、より客観的な視点で修正してもらうとよいだろう。

 婚活に励むA氏の人となりを紹介しておこう。彼は外資系IT企業に勤めるソフトウェア エンジニア。安定した収入があり、語学も堪能だ。二世帯住宅に住んでおり、親と同居に近い環境に住むことになるようだ。話し好きで世話好き、それに音楽やスポーツ、料理も得意らしい。

 分析結果を、A氏が「お相手にアピールすべきイメージ」として膨らませ、言葉に落としてみる。

お相手にアピールすべきA氏のイメージ

 ……ま、キャッチコピーとしては、こんな感じだろう。

「ターゲティング」でお相手像を描こう

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
経営

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]