編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「婚活」の成功確率をアップする戦略的な方法--マーケティングぽくやってみる

梅田正隆(ロビンソン)

2009-06-19 15:06

 前回(「結婚相手をゲットするには?--ライバルを出し抜くための戦略的な考え方」)は、いま話題となっている婚活について、一般に公開されている調査データから、現在の婚活市場の状況について推量してみた。また、婚活においてライバルが現われた場合の有効な対処法として、ゲーム理論を使った考え方について簡単に触れた。

 今回は、より具体的な「戦略的婚活」について、マーケティングのフレームワークを取り入れて考えてみよう。

婚活市場における自分を「3C分析」する

 マーケティングのプロセスにおいて、最初に行うのが「事業ドメイン」を定義することだ。事業ドメインは「事業単位(ビジネスユニット)」と言い換えてもよい。

 マーケティングにおいて、事業ドメインの定義は極めて重要とされている。定番となっているのは、Derek Abellが提案した「顧客層(ターゲット) 」「顧客機能(ニーズ)」「代替技術(ノウハウ)」の3つの軸を用いて、「事業」と「市場」と「産業」を定義するアプローチだ。

エーベルが考案した「3次元」のイメージ エーベルが考案した「3次元」のイメージ

 えーと……。……この図を読み解くのはややこしいので先に進もう。このプロセスで大切なことは、「誰 (who) に対して、どんなニーズ (what) を満たすか。そのニーズを満たすために、どんな方法 (how) をとるか」を、明確にすることだ。

 これを婚活に適用すると、次のようになる。

誰 (who) に対して、どんなニーズ (what) を満たすか。そのニーズを満たすために、どんな方法 (how) をとるか

 なぜこうした定義が大切なのかというと、企業は「限られた経営資源を無駄に消費したくないから」である。成功確率の低いビジネスを見極めずに何にでも投資し続けると、経営資源が枯渇してしまう。だからどんな事業であるかを見極めるために、明確に定義しておくのだ。婚活においても、活動資源は限られている。ここでいう資源は「時間」「お金」「体力」といったところ。「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」で、のべつまくなしにアタックしていては、目標を達成する前に息切れしてしまうのが関の山だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
経営

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]