編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「婚活」の成功確率をアップする戦略的な方法--マーケティングぽくやってみる

梅田正隆(ロビンソン)

2009-06-19 15:06

 前回(「結婚相手をゲットするには?--ライバルを出し抜くための戦略的な考え方」)は、いま話題となっている婚活について、一般に公開されている調査データから、現在の婚活市場の状況について推量してみた。また、婚活においてライバルが現われた場合の有効な対処法として、ゲーム理論を使った考え方について簡単に触れた。

 今回は、より具体的な「戦略的婚活」について、マーケティングのフレームワークを取り入れて考えてみよう。

婚活市場における自分を「3C分析」する

 マーケティングのプロセスにおいて、最初に行うのが「事業ドメイン」を定義することだ。事業ドメインは「事業単位(ビジネスユニット)」と言い換えてもよい。

 マーケティングにおいて、事業ドメインの定義は極めて重要とされている。定番となっているのは、Derek Abellが提案した「顧客層(ターゲット) 」「顧客機能(ニーズ)」「代替技術(ノウハウ)」の3つの軸を用いて、「事業」と「市場」と「産業」を定義するアプローチだ。

エーベルが考案した「3次元」のイメージ エーベルが考案した「3次元」のイメージ

 えーと……。……この図を読み解くのはややこしいので先に進もう。このプロセスで大切なことは、「誰 (who) に対して、どんなニーズ (what) を満たすか。そのニーズを満たすために、どんな方法 (how) をとるか」を、明確にすることだ。

 これを婚活に適用すると、次のようになる。

誰 (who) に対して、どんなニーズ (what) を満たすか。そのニーズを満たすために、どんな方法 (how) をとるか

 なぜこうした定義が大切なのかというと、企業は「限られた経営資源を無駄に消費したくないから」である。成功確率の低いビジネスを見極めずに何にでも投資し続けると、経営資源が枯渇してしまう。だからどんな事業であるかを見極めるために、明確に定義しておくのだ。婚活においても、活動資源は限られている。ここでいう資源は「時間」「お金」「体力」といったところ。「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」で、のべつまくなしにアタックしていては、目標を達成する前に息切れしてしまうのが関の山だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
経営

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]