編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Windows 7」のXPダウングレード権は最長18カ月

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-06-22 11:53

 Microsoftがやっと、「Windows 7」で提供する「Windows XP」へのダウングレード権に関して、これまで公開しなかった情報を発表した。期限だ。

 Windowsを購入するボリュームライセンスユーザーには、前バージョンのWindowsにダウングレードする権利が自動的に付与される。Microsoftのポリシーの下、Windows 7のボリュームライセンスユーザーは、「Windows Vista」、XPなど前バージョンのWindowsにダウングレードする権利が認められている。

 Microsoftの代表者は2009年、Windows 7からWindows XPにダウングレードする権利の有効期限を、Windows 7が出荷されてから6カ月間にするといううわさについてコメントを避けた。このときリークしたメモでは、期限を2010年4月までとしていたが、MicrosoftもHewlett-Packard(このメモに記載されていたOEM)もこの情報を正式に認めていない。

 しかし米国時間6月17日、Microsoftの代表者はComputerworldに対し、ユーザーがWindows 7からXPにダウングレードできる期限は、最長で2011年4月までと述べた。つまり、Windows 7の一般提供日である10月22日から18カ月後ということになる。

 Microsoftの代表者は、次の声明文とともに発表した。

 「Windows 7 ProfessionalおよびUltimateの顧客は、Windows 7の一般向け発売から18カ月後、もしくはWindows 7のService Packがリリースされるまで、Windows XP Professionalにダウングレードできる。期限はどちらか早いほうで、Service Packが開発されればということになる」

 (ああ!また例の「Service Packが開発された場合、そのときは」だ!Windows 7のSP1のビルドとみられるものがすでにリークしているが、これについては忘れたことにしておこう。Microsoftは以前も、Vista SP1リリースが控えていることを隠そうとしていた。Windows 7でも同じ戦略をとるつもりなのか?残念なことだ。多くのビジネスユーザーが、最初のSPを開発計画のガイドラインにしているのだ)

 話を「18カ月」に戻そう。Windows 7からXPにダウングレードする必要があるのか、したいのかについては、わからないという人がほとんどだろうが、ダウングレード機能は必要だ。企業の多くがいまでもXPを利用しており、新しいOSに突然大規模な移行をしようなどとは考えていない。特に、自社業務アプリケーションの互換性が確認されるまでは。

 MicrosoftがXPへのダウングレード権に期限を設けるのはどうしてだろうか?8年前のOSから新しいOSにユーザーを移行させる以外に、なにか理由があるのだろうか?Microsoftにさらなるコメントを求めているので、もし回答があればここで紹介したい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]