オラクル、Oracle Fusion Middleware 11g発表:「変化への対応」の起爆剤に

大川淳 2009年07月17日 22時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは、次世代ミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware 11g」を発表するとともに、その最新情報を紹介する「Oracle Fusion Middleware Summit 2009」を東京・港区で開催した。

 Oracle Fusion Middleware 11gは、「Oracle SOA Suite」「Oracle WebLogic Suite」「Oracle WebCenter Suite」「Oracle Identity Management」などの製品群で構成されており、日本市場では2009年9月8日に提供が開始される。

遠藤隆雄氏 遠藤隆雄氏

 同社によれば、Oracle Fusion Middleware 11gは、ミドルウェアを統合ITプラットフォームとして提供。ベストオブブリードの製品系列を用意しており、幅広い課題に対応可能なスイート製品で、そのSOA基盤はビジネスとITの連携、変化に対する柔軟性をもたらすとしている。また、同社が買収したBEA Systemsと、製品および開発の面で完全な統合を果たしているという。

 日本オラクル 代表取締役社長の遠藤隆雄氏は、「厳しい経済環境のなか、より良い製品や勝ち残るための変化が企業に求められている。これができない企業は淘汰されるだろう。変化への柔軟な対応を支えるのはミドルウェアだと確信している、オラクルは、Complete、Integrate、Openの戦略の下、変化に挑む顧客に負荷がかからないよう、Fusion Middleware 11gでミドルウェアの完全統合を図った。これを企業が安心して使っていけるような環境つくりを約束したい」と述べた。

Ted Farrell氏 Ted Farrell氏

 Oracleでミドルウェア担当チーフアーキテクト兼シニアバイスプレジデントを務めるTed Farrell氏は、「Fusion Middleware 11gは、3000近い特徴を追加しており、特にコア機能を強化している。構造は簡素化し、一元的な管理、統合ができる。また、共通メタデータ管理を実現しており、アプリケーションは一度開発して実装すると、ランタイム中にブラウザ上から変更することが可能になる。これまで、変更するには開発サイクルをすべてやり直すことが必要だったのに、だ」と語り、開発の効率性が大きく向上していることを強調した。

 Oracle SOA Suite 11gは、設計から運用までのシステムライフサイクル全体の生産性を向上させ、ガバナンスを強化する完全なSOA統合プラットフォームとの位置づけ。ビジネスプロセス管理、イベント処理などの機能もプラットフォームおよび開発環境に統合した。SOAシステム環境が複雑化することを回避させ、簡素な構成となっている。

 Oracle WebLogic Suite 11gは、BEA Systemsの製品群を統合化。作業の自動化と障害解析機能の水準をさらに向上させ、アプリケーションサーバの継続稼働時間を従来より高くして、管理コストの削減を目指す。

 また、「Oracle Fusion Middleware GridLink for Oracle Real Application Clusters」や「Oracle Fusion Middleware Enterprise Grid Messaging」などの新機能により、グリッド対応を強化。さらに、「Oracle Fusion Middleware ActiveCache」は、迅速なスケールアウトが可能となり、ユーザーの需要とシステム負荷の変化に動的に対応できる。

 「Oracle WebCenter Suite 11g」は、「Oracle WebCenter Services」を容易に利用可能にする基盤となる。また、多様なポータルにつなぐことにより、ソーシャルコンピューティングを充実させたり、個人の生産性を向上させることが可能だという。事前定義済みのソーシャルネットワーキングソリューションである最新の「Oracle WebCenter Spaces」によって、エンドユーザー主導で開発、管理されるコミュニティが実現可能になり、生産性とコミュニケーション、効率性の向上につなげられることを謳っている。

Vivek Mahajan氏 Vivek Mahajan氏

 「Oracle Identity Management 11g」は、ID管理の要となり、「Oracle Internet Directory 11g」「Oracle Virtual Directory 11g」「Oracle Identity Federation 11g」「Oracle Platform Security Services」といった製品が含まれている。新機能としてディレクトリの構築と運用を容易にする「Deployment Accelerators」、異種混在環境間での認証連携を容易に実現する「Universal Federation Framework」を追加した。また、「Application Development Framework (ADF) Faces」をベースとした最新の統合ユーザーインターフェースを備えた。

 日本オラクル 常務執行役員 Fusion Middleware事業統括本部長のVivek Mahajan氏は、「ビジネス視点では、やはりコストが大きな課題であるわけだが、Fusion Middlewareは確実にコストを低減化できる。また、ビジネスとITを密接に統合することも可能になり、インテリジェントなエンタープライズを実現できる」と話し、コスト削減がFusion Middlewareの大きな特徴であることを強調した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]