編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

日本HPら3社、パンデミック対策で協業--コンサル、通信、IT機器をパッケージ化

冨田秀継(編集部)

2009-09-17 11:38

 レスキューナウ、インターネットイニシアティブ(IIJ)、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は9月17日、パンデミック対策ソリューションの提供で協業すると発表した。リスクコンサルティングと通信・ネットワークサービス、シンクライアントの3製品をパッケージ化し、新型インフルエンザ対策として提供。BCM(事業継続マネジメント)の実現を支援する。10月1日から受注を開始する。

 今回の協業では、レスキューナウの「新型インフルエンザA(H1N1)対策 BCP(事業継続計画)オペレーションパック」と、IIJの「IIJモバイル」「IIJセキュアリモートアクセス」、日本HPの「HP Compaq 2533t Mobile Thin Client」を「BCPオペレーションパック+モバイルシンクライアントパック」としてパッケージング、共同でマーケティング活動を展開する。

 レスキューナウのオペレーションパックは、感染発生時の対応計画を中心に、社内マニュアルの作成支援、社内説明会の開催、関連情報などが提供され、感染前から感染直後までの期間の対策を支援する。

 IIJのデータ通信サービスであるIIJモバイルと、リモートアクセスサービスのIIJセキュアリモートアクセスは、在宅勤務時での活用が想定される。日本HPはモバイルシンクライアントのHP Compaq 2533t Mobile Thin Clientを提供。両社製品を組み合わせることで、本人や家族、同僚の感染が疑われ在宅勤務を求められた場合でも、社内のIT環境により近い形で業務を継続することが可能となる。

 なお、今回提供されるパッケージにはモバイルシンクライアントの初期設定サービスも含まれる。また、デスクトップ仮想化ソフトの「Citrix XenDesktop」をバンドルした「HP ProLiant サーバー Ganeration6」を加えたオプションも用意している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]