編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

ネットブックを「Windows 7」にアップグレードできるUSBドライブ作成ツールを公開

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-10-23 15:02

 2009年の6月に紹介したMicrosoftが「Windows 7」をサムドライブで提供するといううわさを覚えているだろうか?このうわさ、一応は正しかったようだ。

 米国時間10月22日、Microsoftは、「Windows Vista」「Windows XP」からWindows 7にアップグレードしたいネットブックユーザー向けに、USBドライブに特別バージョンのWindows 7を事前インストールできるようにすると発表した。

 (これが、2008年にうわさとしてこのブログで紹介した「StartKey」プロジェクトとなんらかの関係があるのか、私にはわからない。私が最初に把握した限り、StartKeyはWindowsと「Windows Live」設定をUSBドライブに保存するイニシアティブだったはずだ)

 Microsoftの代表者はNews.comに対し、「ダウンロードしたWindows 7をUSBドライブに移行するプロセスを容易にする」オンラインツールの提供を10月22日に開始したことを認めた。移行先はメモリスティックでも携帯できるハードドライブでもよいという。

 Microsoftにこの最新ツールの詳細情報をたずねたところ、以下のような回答があった。

 ネットブックPCのようにDVDドライブを搭載していないPCにWindows 7をインストールするための特別なツールをMicrosoftは提供するのか、という問い合わせを繰り返し受けた。本日、Microsoftは(DVDドライブを搭載していない)ネットブックPC顧客を支援する無償ツール「Windows 7 USB/DVD Download Tool(WUDT)」を提供することを発表する。MicrosoftのオンラインストアでWindows 7を購入してダウンロードした顧客は、このツールを利用してブート可能なUSBドライブかDVDを作成できる。WUDTは10月22日より、Microsoft StoreとMicrosoft Download Centerより無料でダウンロードできる。

 このツールは、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、スペイン語、ブラジルポルトガル語を含む各国語版のWindows 7に対応する。USB/DVD Download Toolの詳細は、www.microsoftstore.com/win7usbを参照のこと。

 Windows Team Blogには、この最新ツールのスクリーンショットと詳細情報が記載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]