編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ジャストシステム、最新OSに対応した小規模向け検索エンジンの新バージョンを発売

ZDNet Japan Staff

2009-11-17 13:25

 ジャストシステムは11月17日、同社の小規模向け検索エンジン「ConceptBase Search Lite」の新バージョンとして、Windows Server 2008に対応した「ConceptBase Search Lite 1.1」を発表した。発売日は11月30日。

 同製品は、同社の大規模向け検索エンジンである「ConceptBase Search」を、部署単位や小規模企業での利用に適した価格帯のパッケージとして提供するもの。現在のシステム環境を大きく変更することなく短期間での導入が可能なほか、管理や運用の手間も削減されているとする。

 今回のバージョンから、サーバOSとしてWindows Server 2008に、クライアントOSとしてWindows 7(機能へのアクセスにはInternet Explorerを利用)に、それぞれ対応している。

 また、通常のオフィス文書のほかに、ウェブサイト(HTML)やLotus Notesデータベースの検索を可能にするオプション製品「CBS Lite ゲートウェイ」が用意されており、ニーズに応じて導入が可能となっている。Lotus Notes向けオプションの最新版では、新たにLotus Notes/Domino 8.5に対応している。

 価格は、システムで登録可能な文書数に制限のない「ConceptBase Search Lite」が150万円(税別)。5万文書までの制限がある「ConceptBase Search Lite Limited Edition」が65万円(税別)。ウェブサイトやLotus Notesを検索対象にできるオプションが各30万円(税別)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]