編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

クオリティ、海外進出企業向けセキュリティ報告ツール提供--内部統制対応ツールも公開

田中好伸(編集部)

2009-12-25 15:45

 クオリティは12月25日、社内のセキュリティ状況などを可視化するレポーティングツールを国際化対応した「eX Report Ver.1.2i」をリリースしたことを発表した。また、内部統制の追加監査費用をセルフチェックできる「内部統制監査コストセーブシミュレータ」を公開したことも発表している。

 今回リリースされたeX Report Ver.1.2iは、管理コンソールのユーザーインターフェース言語が日本語、中国語(簡体字)、英語に切り替えられる。IT資産管理システム利用制限ツールの国際化対応版「QAW Ver.3.5 SP1」とIT資産管理ツールの国際化対応版「QND Plus Ver.9.5 SP1」とあわせることで、多言語混在環境でも統合的な管理が可能になったとしている。

 中国は、リーマンショック後素早く回復基調に戻り、中国国内の需要増加を狙って日本企業も多く進出している。だが、日本国内での内部統制の要請上、海外拠点で使用するPCの管理やセキュリティ統制が課題になっている。

 日本国内で活用しているPC管理ツールやセキュリティツールが、海外拠点では言語の問題から活用できずに、海外拠点ごとに異なるツールを使わざるを得ず、総合的な管理が困難とされていた。今回のeX Reportが国際化対応することで、海外拠点でのセキュリティレポートを作成できるようになる。

 あわせて発表された内部統制監査コストセーブシミュレータも、内部統制の課題に対応するものだ。PC台数を入力して、いくつかの質問に答えるだけで、内部統制監査にかかる追加コストを算出して、今後の施策に役立てられるという。

 内部統制に関する施策では、企業が監査法人に丸投げで委託するケースが目立つようになっており、監査コスト上昇が企業の財政を圧迫しているとも言われている。上場企業が海外に進出する際には、海外拠点での内部統制も考慮する必要があり、現状のままだと監査費用の上昇が不可避と見られている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]