編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

協和医科器械、SAP製品を利用したSaaS型医療材料分析サービスを本格展開

大川淳

2010-01-27 14:02

 SAPジャパンと協和医科器械は1月27日、協和医科器械がSAPのBIソリューションである「SAP BusinessObjects Explorer」を用いたSaaS型医療材料分析サービス「meccul」の提供を本格的に開始すると発表した。

 mecculは、協和医科器械が扱う医療材料の商品データベースを、SAP BusinessObjects Explorerにより迅速に分析できるサービス。SaaS形式で医療機関に提供される。病院などの医療機関は、コストの約15%を占めるとされる医療材料費の購買コストの最適化、経営の可視化を実現できるという。協和医科器械は、静岡県を中心に東海および首都圏地域の医療機関向けに医療機器、材料を販売している。

 mecculは、ビジネスデータを検索、分析するSAP BusinessObjects Explorerと、視覚化されたダッシュボート機能を提供する「Xcelsius」、自由分析および多次元分析を支援する「SAP BusinessObjects Web Intelligence」の3製品から構成される。SAPでは「これらのBI機能とわかりやすいユーザーインターフェースにより、医療機関の購買業務を支援し、経営の可視化を促進する。また、SaaS型で提供されるサービスのため、短期間での導入が可能だ」としている。

 加えてmecculでは、医療材料の購買分析を通じて、診療、治療内容や症例数の変化などをモニタリング、分析することができるとともに、DPC(診断群分類包括評価制度)を導入している病院では、入院や手術の関連コストと収益を容易に把握することができ、医療機関経営全体の可視化を促進できるという。

 近年では、院外処方、ジェネリック医薬品、DPCなどの導入により薬剤費のコストが抑制される傾向にある。一方、医療材料の高機能高単価化と手術件数の増加により医療材料費の購買コストは増大する傾向にあり、医療機関の経営環境は厳しさを増しているといわれている。医療機関では、これらのコストを削減することが共通の経営課題となっている。SAPでは、mecculにより、医療機関は各種ベンチマークを使用し、医療材料費を他病院と比較したり、同種同効品分析などを行ったりといった作業が自前で行えるようになるため「最大で約10%のコスト削減が期待できる」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]