編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東洋ビジネスエンジニアリング、中国現地法人を設立

富永恭子(ロビンソン)

2010-02-02 15:42

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は、中国の上海に同社100%出資の現地法人「畢恩吉商務信息系統工程(上海)」(B-EN-G上海)を設立し、営業を開始したことを発表した。代表者は、岡文一氏で、英文の社名はToyo Business Engineering (Shanghai)。

 B-EN-Gはこれまで、中国では駐在員事務所と提携パートナーによる体制で企業のグローバル化支援業務を推進していた。しかし、同社が支援する日系企業のシステムのグローバル展開では、日本の本社への支援のみならず、海外拠点におけるサポートの質が重要な要素となることから、サービスの実施体制の強化と品質の拡充を図るために現地法人の設立に踏みきったという。

 B-EN-G上海では、今後、自社ライセンス製品の開発、販売、保守はもちろん、システム導入支援および運用保守サービスと、これらに伴う支援サービス、またソフトウェアやハードウェアの販売といった事業を展開する予定だ。また、自社ライセンス製品の営業や技術、運用サポート体制を強化することにより、日系企業の中国拠点に向け製品の販売促進と事業の拡大を図るとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]