編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本ユニシス、米ユニシスの手形・小切手処理部門売却に伴う対応を発表

ZDNet Japan Staff

2010-02-17 17:19

 日本ユニシスは2月17日、米Unisysが同社の手形・小切手処理部門をMarlin Equity Partners投資会社(Marlin)に売却したとの発表を受け、今後の対応について発表した。

 米Unisysが売却した同部門は、金融機関の手形・小切手処理システムの研究開発ならびに製造を担当する。今回の売却は、同社で1年ほど前から進めている事業全体の見直しの一環だという。

 今後Marlinは、米Unisysの手形・小切手処理部門の要員、工場を含む設備・施設のすべてを、Marlinが新設したBurroughs Payment Systems(BPS)に移管する。BPSと米Unisysは新たに相互提携し、米Unisysは継続して製品の販売およびサポートを行うという。

 こうした経緯を受け、日本ユニシスでも、関連する手形・小切手読取分類装置(リーダ、ソータ)システムなどの製品や、保守などのサービスを含めた手形・小切手処理分野のビジネスを今後も安定的に継続していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]