マイクロソフト、オープンソースのSilverlight向け分析フレームワークを公開へ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-03-15 11:21

 Microsoftは米国時間3月15日、Codeplexにて、Silverlight向けの無償のオープンソース分析フレームワーク技術「Silverlight Analytics Framework」を公開する予定だ。

 MicrosoftのメディアエクスペリエンスエバンジェリストのMichael Scherotter氏は、米ラスベガスで開幕する「MIX 10」にて、このフレームワークの詳細情報を公開することになっている。

 MIX 10のウェブサイトの情報によると、このフレームワークを利用して、開発者はウェブ分析ツールをSilverlightアプリケーションに統合できるという。同フレームワークはサードパーティーが提供するさまざまな分析サービスをサポートし、ウェブブラウザ外で動くアプリケーションとオフラインアプリケーションも追跡できる。Scherotter氏は、Silverlight Analytics Frameworkに関する詳細情報を自身のブログでも公開している。

 「この7カ月、なるべく多くの分析ツールベンダーやコントロールツールベンダーと話をして、さまざまなタイプの分析技術をサポートし、アプリケーション設計者と開発者が使える包括的なフレームワークを構築することに注力してきた」とScherotter氏は記している。

 Scherotter氏によると、このフレームワークはMicrosoftの「Expression Blend」ツールを利用してコーディングなしにアプリケーションを構築するデザイナーを支援するという。Microsoftの「SketchFlow」と「Silverlight Media Framework」もサポートするとのことだ。

 今日、リッチインターネットアプリケーションの性能を測定する分析機能は、問題が起きてから行われていることが多く、部分的に行われていたり、まったく測定されていないこともある。Microsoftは3月11日付のSilverlight Teamブログで、「現在、アプリケーションを測定するために利用されている手法は扱いにくく、ウェブページの測定にフォーカスしたものであって、次世代のインタラクティブなアプリケーション向けといえないことも多い」と記している。オープンソースとして公開する最新のフレームワークは、開発者が自分たちが作成したアプリケーションをより深く分析でき、容易に「利用できる」という。

 MIX 10では、2010年前半に出荷を予定している「Silverlight 4」を中心に、Silverlightにフォーカスがあたることになる。Silverlightは「Windows Phone 7」開発者向けでも重要な部品となっており、これについてもMIX 10で話が出てくると予想される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]