編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

富士通、クラウドプラットフォームをグローバル展開--世界規模で共通のIaaS基盤を提供

ZDNet Japan Staff

2010-04-22 16:50

 富士通グループは4月22日、同社のグローバルクラウド戦略に基づいてクラウドプラットフォームのグローバル展開を開始すると発表した。同プラットフォームを活用したサービスを、2010年10月より日本で商用サービスとして提供開始し、2010年度に順次、オーストラリア、シンガポール、米国、英国、欧州へと展開していくとしている。

 富士通では、これまで世界各地域でローカル市場にあわせたIaaSを提供してきたが、今回グローバル展開するクラウドプラットフォームは、世界共通の標準化されたプラットフォームとなる。同社が展開するグローバルクラウド戦略では、クラウドサービスの適用分野を「ICTインフラ」「アプリケーション」「ビジネスプロセス」「ビジネスプロセスマーケットプレイス」の4つに分類しているが、今回グローバル展開を開始するクラウドプラットフォームは、「ICTインフラ」分野に対応するオファリングの基盤となるものだとしている。

 同プラットフォームを活用したサービスにより、ユーザーはセキュリティや可用性を犠牲にすることなく、コスト削減やICT活用における高い柔軟性および即応性の確保を、グローバルに実現することが可能になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]