編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

日本オラクル、中堅企業向け業務アプリの短期導入ソリューション拡充

大川淳

2010-06-03 17:48

 日本オラクルは6月3日、中堅企業向け業務アプリケーションのパートナー支援プログラム「Oracle Accelerate」のソリューションを拡充、新たに9種類追加されたと発表した。国際会計基準(IFRS)に対応するとともに、グループ企業向けERP(統合基幹業務システム)を強化している。

 同社では、業務アプリケーション群「Oracle Applications」を基盤に、業界業種や業務に特化して、パートナーが事業活動を進める上で蓄積した、さまざまな知識、情報やノウハウをひな型として、短期導入ソリューションの構築を支援するプログラムのOracle Accelerateを2007年10月から開始している。

 今回、6社のパートナーがOracle Accelerateのソリューションとして、9種類の新しい短期導入ソリューションを提供することが可能となり、日本でのOracle Accelerateは全部で5製品47種類に拡充されたという。今回新たにソリューションを提供するパートナーは、アクセンチュア、STNet、NS・コンピュータサービス、オージス総研、CSKシステムズ、東洋ビジネスエンジニアリング。

 これまでのソリューションは財務会計分野が中心だったが、今回はOracleの人材管理アプリケーション「PeopleSoft Enterprise HCM」、経営管理アプリケーション「Oracle Hyperion Financial Management」をもとに、IFRS対応に必要な連結会計を実現する短期導入ソリューションが、初めて提供されるという。また、従来の財務会計や購買調達の分野でも、自動車/自動車部品製造業種向け、建設/エンジニアリング業界向けのソリューションが新たに追加された。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]