日立システム、ID管理ソリューションを拡充--特権パスワード管理ツールの販売を開始

富永恭子(ロビンソン)

2010-06-09 20:11

 日立システムアンドサービス(日立システム)は、カナダのHitachi ID Systems(日立IDシステムズ)と「Hitachi ID Management Suite」の販売代理店契約を締結し、中核製品である「日立ID特権パスワードマネージャー」を6月10日から販売すると発表した。

 日立ID特権パスワードマネージャーは、管理対象システムの特権パスワードの自動更新や、貸し出した特権パスワードの返却時における自動更新を行うツール。また、特権パスワードの開示先を必要な人やプログラムのみに限定する機能を持つ。利用申請および開示、返却を管理するシンプルなワークフローや、誰がいつ特権パスワードを入手したかを記録するロギングなど、各種の機能を装備する。これらの機能により、不正利用の防止、セキュリティ強化、運用の自動化、効率化、運用コスト削減を図ることができるという。

 さらに、管理対象となるWindowsおよびUnixサーバに、新たにソフトウェアをインストールすることなく、特権パスワードを管理し、運用を開始できる。これにより、既に運用中、使用中のシステムに対しても、大きな変更を加えずに特権パスワードのセキュリティ強化を図ることが可能になるとしている。

 日立システムは、日立ID特権パスワードマネージャーを同社の「アイデンティティ管理ソリューション」のラインアップに追加し、更なる強化を図るという。また、その他のHitachi ID Management Suite製品に関しても、順次販売を予定している。日立システムでは、アイデンティティ管理ソリューション全体で、今後3年間で約10億円の販売を目指すという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]