編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ビジュアル情報管理ソフト「MindManager 9」発売--ガントチャート機能を標準装備

柴田克己(編集部)

2010-10-07 17:45

 マインドジェットは10月7日、ビジュアル情報管理ソフトウェアの最新版「MindManager Version 9日本語版」を発売した。

 MindManagerは、いわゆる「マインドマップ」のような視覚的な表現法を用いて、ブレーンストーミング、アイデアの整理、情報の管理、プロジェクトを遂行する上での各種のタスク管理までをサポートするソフトウェア。ある仕事に関連するすべての情報を1枚のマップとして表現することで、情報へのアクセスや関係者間での共有を容易にし、生産性を向上できるとしている。

 単純なマップの描画にとどまらず、ビジネスユーザーが企業内で利用することを前提とした機能群や、Microsoft Officeアプリケーションとの連携が容易な点が特徴で、最新版でもその流れに沿った機能強化が行われている。

 新バージョンでは、従来オプション機能として提供されていた「ガントチャートビュー」が標準搭載された点がアピールポイントとなる。マップ上で完了日時を設定した「タスク」をガントチャートの形式で一覧できるようになった。あるタスクと他のタスクとの依存関係といった「仕事の全体像」と、ガントチャートによる「時間軸」を同時に参照できるようになっており、プロジェクト管理用途での利用がより容易になった。もちろん、データはマップとガントチャートのいずれのビューからでも更新が可能となっている。

ガントチャートビュー 日時を設定したタスクを時間軸で一覧表示する「ガントチャートビュー」が標準で利用できるようになった

 また、PowerPoint、Outlookとの連携機能も強化された。マップ上の特定のトピックや任意の階層レベルをスライド化し、任意の順番でPowerPoint用のプレゼンテーションとして出力できるほか、Outlook内の「仕事」「メール」「メモ」「予定」「連絡先」などのデータにクエリを発行し、マップに対して自動的にリンクすることも可能になっている。このOutlookとの連携機能は「MindManagerのマップをビジネスダッシュボードや、Outlookへのデータ入力フロントエンドとして使うことを可能にするもの」(マインドジェット、チーフエバンジェリストの渡邉安夫氏)という。

 そのほか、マップ上で各タスク遂行に必要な「リソース」を設定しておくことで、ある時点に使用率が高い(もしくは低い)リソースを検索可能な「リソースプランニング」機能が追加されたほか、Office 2010に準じた「バックステージビュー」(ファイル管理)の追加や、起動およびマップ読み込み速度の向上などが行われているという。

Greg Brown氏 Mindjet、ワールドワイド セールス&サービス部門バイスプレジデントのGreg Brown氏

 MindManager Version 9日本語版のライセンス価格は、新規1ユーザーライセンスが4万8299円。アップグレード価格が1万7850円。いずれも、12月31日までの特別価格。

 Mindjet、ワールドワイド セールス&サービス部門バイスプレジデントのGreg Brown氏は、日本で展開している販売戦略として「チャンピオンプログラム」と呼ばれる無料トレーニングの提供や、セールス、サポートを含む日本法人スタッフの増員などを挙げ「MindManagerの企業での利用は着実に増加している。2011年中には、さらに1万人の新規ユーザー獲得を目標としている」とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]