SAP、Sybaseの技術でモバイルエンタープライズ展開へ - (page 3)

末岡洋子

2010-11-01 15:36

 「現在、Amazonにアクセスすると、自分の購入履歴に基づいた推奨製品が表示されるが、このようなサービスをモバイルでも提供できる」

 企業は顧客との関係をさらに縮められることになるが、これはSAPにとって重要な点だとStephan氏は言う。

 「BtoBtoCにあたって最も重要なことは使いやすさだ。モバイルでは一度使いにくいと思うとすぐにやめてしまう」

 ここでは、SMSによる送金などモバイルバンキング機能も備えるSybase 365の技術が重要になるだろう。

クラウドサービスでもモバイル対応を加速

 モバイルエンタープライズに向けた取り組みはすでに始まっている。「CRM Mobile Sales」「Mobile Workflow for SAP Business Suite」などを提供しており、2010年には「Instant Value」として、単一目的のアプリケーションを展開する予定だ。

 その1つとしてStephan氏は、旅費支出アプリケーションを紹介した。出張中、経費となるレシートの写真データや音声メモをバックエンドの旅行管理システムに接続するもので、「マニュアルでレシートをスキャンしたりアーカイブする作業を省略できる」。Instant Valueアプリケーションは、2010年中にテストを開始する予定だ。

 オンデマンドの「Business ByDesign」では、10月にiPhone向けアプリケーションを公開したところだ。今後、BlackBerryなど他のプラットフォームにも対応を進める。また、同じくオンデマンドで提供するコラボレーションサービス「SAP StreamWorks」も、モバイル版を2010年中にテスト公開する予定という。

 これらのモバイルアプリケーションは「SAP技術を利用するユーザーインターフェースの1つに過ぎない」という位置づけから無料で提供する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]