「Chrome」、11月ブラウザ利用シェアで9.3%獲得-- Net Applications調査

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部

2010-12-02 10:54

 Net Applicationsは米国時間12月1日、11月の世界におけるブラウザ利用シェアに関する調査結果を発表した。同調査によると、Googleの「Chrome」は、10月の8.5%から9.3%にシェアが増加したという。

 Microsoftの「Internet Explorer(IE)」のシェアは59.2%から58.3%へと減少。第3位の「Firefox」はほぼ横ばいの22.8%、「Safari」は5.4%から5.6%へと増加、「Opera」は2.3%から2.2%へと減少した。

ブラウザシェア 提供:Net Applications

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]