編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

風力発電でコンテナ型データセンターを運用--青森県六ヶ所村で実証実験

田中好伸 (編集部)

2012-02-07 14:51

 NTTファシリティーズは2月6日、青森県六ヶ所村にコンテナ型データセンターを構築し、風力発電を利用した実証実験を1月31日から開始したことを発表した。風力発電を利用するのは日本初としている。

 実証実験では、持続可能なエネルギー源である風力発電の電力をデータセンターに活用するために必要とされるシステム構成や運用ノウハウを検討、検証する。同社が2011年11月から提供している高電圧直流(High Voltage Direct Current:HVDC)給電システムと連携させる。

写真 実証実験サイトの概観

 同社は空調システム「FMACS-V」を2011年12月から販売しており、直接外気冷房システムについても複数のデータセンターで検討実績があるという。今回の実証実験では、直接外気冷房で、夏の高温時や冬の低温時など年間を通した運用を検証、評価していく。実証実験は2013年3月まで展開する。

 モジュール型とも呼ばれるコンテナ型データセンターは近年、注目を集めている。スケールアウトしやすいというメリットのほかに、外気で冷却することで、電力使用効率(PUE)を下げられるというメリットもあるからだ。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]