東海大、効率化でプライベートクラウド構築--約2500台をシンクラ化

田中好伸 (編集部) 2012年03月06日 11時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東海大学は全国10カ所にキャンパスが分散しているが、各キャンパスで個々に行っているシステム運用業務の効率化やキャンパス間のシステム重複をなくすため、プライベートクラウドを利用したシステム統合を進めている。その計画の一環として、学生用教育端末2200台、職員用業務端末約160台、学内共用端末約120台、計2480台をシンクライアント化している。NECが3月5日に発表した。

 この機会に、学生・教員向けの教育研究サービスを湘南キャンパスに順次統合することを目指している。約220台の学生用教育端末は、一斉起動時のレスポンスとCADなど負荷の高いアプリケーションの利用が求められることから、ネットブート型のシンクライアントシステム「Citrix Provisioning Server」を採用している。端末起動時間を約50%、端末運用担当者の業務負荷を約4分の1に削減している。

 約160台の職員業務端末は主にオフィスアプリケーションを利用することから、仮想PC型のシンクライアントシステム「VirtualPCCenter」を採用した。仮想PCのメリットを活かして別のフロアや自宅からも自身のクライアント環境を利用して業務を継続できる。端末管理工数を削減するとともに、職員による情報流出リスクを防止できるとしている。サーバの仮想化とあわせて最大消費電力を約3分の1に削減できるという。

 図書館や学生生活支援室、キャリア支援課の端末には、画面転送型のシンクライアントシステム「Citrix XenApp」を採用している。利用者個別の環境は必要とせず、オフィスアプリケーションとネットのみを利用する学内共用端末として適していると説明している。

 東海大学では、これまで個別に運用、管理していたメールサーバや認証サーバなどを湘南キャンパスに集約して、教育研究サービスを湘南キャンパスに順次統合していく。情報の一元化やサービス品質の統一を実現できるという。教職員情報システムや学生情報システムの事務系、教育研究系で個々に管理されていたユーザーIDを、統合認証サービス「SECUREMASTER」でIDポリシーを統一して整備していく。大学では大規模という約5万IDを統合した。今後、ID管理の一元化も検討していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算