編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

東海大、効率化でプライベートクラウド構築--約2500台をシンクラ化

田中好伸 (編集部)

2012-03-06 11:16

 東海大学は全国10カ所にキャンパスが分散しているが、各キャンパスで個々に行っているシステム運用業務の効率化やキャンパス間のシステム重複をなくすため、プライベートクラウドを利用したシステム統合を進めている。その計画の一環として、学生用教育端末2200台、職員用業務端末約160台、学内共用端末約120台、計2480台をシンクライアント化している。NECが3月5日に発表した。

 この機会に、学生・教員向けの教育研究サービスを湘南キャンパスに順次統合することを目指している。約220台の学生用教育端末は、一斉起動時のレスポンスとCADなど負荷の高いアプリケーションの利用が求められることから、ネットブート型のシンクライアントシステム「Citrix Provisioning Server」を採用している。端末起動時間を約50%、端末運用担当者の業務負荷を約4分の1に削減している。

 約160台の職員業務端末は主にオフィスアプリケーションを利用することから、仮想PC型のシンクライアントシステム「VirtualPCCenter」を採用した。仮想PCのメリットを活かして別のフロアや自宅からも自身のクライアント環境を利用して業務を継続できる。端末管理工数を削減するとともに、職員による情報流出リスクを防止できるとしている。サーバの仮想化とあわせて最大消費電力を約3分の1に削減できるという。

 図書館や学生生活支援室、キャリア支援課の端末には、画面転送型のシンクライアントシステム「Citrix XenApp」を採用している。利用者個別の環境は必要とせず、オフィスアプリケーションとネットのみを利用する学内共用端末として適していると説明している。

 東海大学では、これまで個別に運用、管理していたメールサーバや認証サーバなどを湘南キャンパスに集約して、教育研究サービスを湘南キャンパスに順次統合していく。情報の一元化やサービス品質の統一を実現できるという。教職員情報システムや学生情報システムの事務系、教育研究系で個々に管理されていたユーザーIDを、統合認証サービス「SECUREMASTER」でIDポリシーを統一して整備していく。大学では大規模という約5万IDを統合した。今後、ID管理の一元化も検討していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]