サイボウズ、PaaS「kintone」のAPI提供--基幹系システムと自動連携

田中好伸 (編集部)

2012-06-01 14:24

 サイボウズはPaaS「kintone」のAPIを6月4日から提供を始める。APIを使った開発案件の支援とサポート体制を整えた。ウェブから申し込むと、マニュアルやサンプルプログラムなどが提供される。

 提供されるAPIは、kintoneで開発したアプリケーションに対するデータの登録、更新、削除するものと別のシステムからkintoneに蓄えられたデータを呼び出すものになる。kintoneのユーザー企業は無料で利用できる。

 ユーザー企業の基幹系システムのデータをAPIを使ってkintoneと連携し、店舗などで利活用したいという要望がサイボウズに寄せられているという。一般的に基幹系システムは、セキュリティやコストの面からエンドユーザーが制限される。現場で必要な時にデータの集計、分析が即座にできなかった。

図

 今回のAPI連携で、定期的に基幹系システムから必要なデータだけkintoneに自動で書き出すことで、担当者がkintoneでリアルタイムにデータを集計、分析できるようになる。

 kintoneのAPIは3月に実装、同社のシステムコンサルティングやサポートがユーザー企業からの相談を受けてAPI連携の構築のノウハウを蓄積してきた。システムインテグレーターによるエンドユーザー環境でのAPI連携構築、ほかのシステムとkintoneとの連携など、付加価値の高いサービスを提供できるという。ユーザー企業自ら構築することも可能だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]