編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SDNのアプローチを補完する「Cisco ONE」

大河原克行

2012-06-29 15:32

 シスコシステムズは6月29日、「Cisco Open Network Environment(Cisco ONE)」の概要について、報道関係者を対象に説明を行った。

 米本社とテレビ会議システムで結び、説明とともに質疑応答も行った。

 シスコではCisco ONEを、様々なプラットフォームに対応するAPI、エージェントとコントローラ、オーバーレイネットワーク技術を通じて提供されるネットワークプログラマビリティを促進する革新的なアプローチと位置づけており、あわせて伝送から管理、オーケストレーションに至るまでのソリューションスタック全般を網羅することで、SDN(Software Defined Networking)におけるこれまでのアプローチを補完するとしている。

 ユーザーは、複数レイヤにおけるプログラマビリティと抽象化、様々なプロトコルの選択、業界標準に基づいた導入モデルを入手でき、インテリジェントネットワークを稼働させることができるという。

シスコシステムズ専務執行役員 木下剛氏
シスコシステムズ専務執行役員 木下剛氏

 シスコシステムズ専務執行役員でボーダレスネットワーク事業を担当する木下剛氏は、「コントロールプレーンとフォワーディングプレーンを分離してオープン化することで、柔軟で迅速なネットワーク環境が実現できる。SDNは、ユーザーが利用するには完全ではない部分もある。Cisco ONEでは、WANやLANなどのすべてのネットワークの領域に対応できるシステムのオープン化、ネットワークとコンピューティングの統合による仮想化やクラウド化、マルチレイヤーやマルチプロトコルによるアプリケーションサービスの連携という点で、真のSDNの実現に向けた包括的アプローチが可能になる」とする。

  • Cisco ONEのフレームワーク

  • プラットフォーム領域でのCisco ONE

  • Cisco ONEのソリューション戦略

 Cisco ONEの一環として、Cisco IOS、IOS-XR、NX-OSで利用可能な開発者向けAPIを提供する「One Platform Kit(onePK)」を発表。また、SDN研究のためのPoC(Proof of Conecpt)用コントローラとPoC用のOpenFlowエージェントも発表した。

 onePKは、ソフトウェアによりアプリケーションとの緊密な統合が可能になり、ネットワークインフラの可視性の向上、オーケストレーションと制御性の向上による迅速なサービスの立ち上げと提供、複数のネットワークタスクとプロセスの自動化を実現する。まずはCisco ASR1000とCisco ISR G2の2機種に対して提供。段階的なサポートを予定しているという。

 また、6月12日に発表したCisco Cloud Connected Solutionに基づき、onePK APIを活用することで独自のCloud Connectorを開発し、クラウドサービスの強化と差別化を図ることができる。

 加えて、Cisco Nexus 1000V仮想スイッチにより、マルチテナントクラウドの開発に向けたスケーラブルな仮想オーバーレイネットワークも実現。OpenStackのサポート、プログラマビリティ、マルチハイパーバイザ機能のサポート、VXLANゲートウェイ機能が含まれる。

 Cisco ONEでは、アプリケーションの特性にあわせて、VDIなどの仮想ワークロードのためのプライベートクラウドの自動化などが可能になるほか、ネットワークインフラを柔軟にカスタマイズできるため、サービス即応性の向上、リソースの最適化、新サービスの早期収益化といった企業における事業目標の達成を実現。さらに大学や研究機関、データセンター、クラウドプロバイダー、サービスプロバイダーなどにもメリットを提供できるとしている。

  • Cisco ONEの概要が明らかに

  • 領域を整理・統合して投資を加速させる

  • 開発者向けにはonePKを提供していく

シャシー・キラン氏
シャシー・キラン氏

 米Cisco Systemsでデータセンター、バーチャリゼーション グローバルマーケティング戦略担当ディレクターを務めるシャシー・キラン氏は、「Cisco Oneによってネットワークとアプリケーションを近づけることができ、今後もハードウェア、ソフトウェア、OSの機能強化を図っていく。さらに、物理環境と仮想環境のシナジーを促進し、ネットワークとコンピュータの境界線を無くすといった活用にも対応するものになる」と位置づけ、「OpenFlowやOpenStackのほか、既存のどのようなネットワーク、プラットフォームでも活用できる。スイッチやルーターといったシスコが持つ多くの顧客ベースを対象にした提案に加え、SDNという業界の進化に対応していくこと、オーバレイネットワークの仮想化においてもリーダーの存在であることを打ち出すことができる。他社の追随は難しい」などと自信をみせた。

 シスコシステムズでは2012年第4四半期からonePKのベータトライアル版の提供を開始するとともに、順次、段階的に一般提供を開始する予定だという。PoC用Openflowエージェントの提供時期については現時点では未定としている。

デビッド・ワード氏
デビッド・ワード氏

 また、米Cisco Systemsバイスプレジデントで、CTO兼チーフアーキテクト、サービスプロバイダー テクノロジーアドバイザリーグループ担当チーフのデビッド・ワード氏は、「OpenFlowに関しては現在、プロトコルを調査しており、今回の製品だけに留まるものではない。OpenFlowはいまの実装を強化できるものと考えている」などと語った。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]