編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ISID、「SAP Business All-in-One」をクラウドで提供開始

ZDNet Japan Staff

2012-07-31 17:33

 電通国際情報サービス(ISID)は7月31日、Amazon Web Services(AWS)のクラウドサービス上で、SAPの中堅企業向けERP製品「SAP Business All-in-One」を利用したシステム構築サービスを開始すると発表した。同サービスを「CLOUDiS」のメニューに追加、国内企業のSAP活用ニーズに応えていきたい考えだ。

 同サービスでは、SAPユーザーを対象に、AWS上で開発、検証、本番環境を提供する。ユーザー企業は同サービスを活用することで、新たにサーバやネットワークなどのハードウェア資産を所有する必要がなくなり、インフラコストとTCO(総所有コスト)を削減することが可能になるとしている。

 ISIDは、2002年からSAP認定パートナーとしてSAPソリューションの導入を支援してきた。2010年4月には、月額課金型ホスティングサービス「BusinessACXEL」を開始するなど、クラウド環境でのSAPソリューションの提供を推進している。また、ISIDはAWSの認定ソリューションプロバイダーでもあることから、同サービスの提供を通じて、SAP活用の選択肢を増やすとともに、業務システムにおけるクラウド活用を強力に支援していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]