編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
大河原克行のエンプラ徒然

テレビの価値向上にクラウドサービスを活用するLG電子

大河原克行

2012-09-19 12:59

 LG電子は、ドイツ・ベルリンで開催された「IFA(国際コンシューマエレクトロニクス展)2012」で、55型の有機ELテレビや84型4Kテレビ、各種3Dテレビなどを展示した。

 展示内容は、今年1月に米ラスベガスで開催した「International CES」の内容を踏襲するものだったが、年内に発売を控えた製品が相次ぐなど、商品化を視野に入れた展示だったのが特徴だ。

 まず、LGブースのメインエントランスで圧倒されるのが狭額縁のディスプレイを組み合わせた3D映像のデモストレーション。LG電子ブースでは、2つの入口のどちらから入っても最初に3Dグラスを手渡される。FPR方式を採用しているLG電子ならではの手軽な3Dグラスをブースで多くの人に体験してもらおうという狙いが感じられた。

  • メインエントランスで3D映像をデモ

  • LGブースの様子

 LG電子ブースでの目玉のひとつが、55型の有機ELテレビ「LG55EM970V/975V」だ。

 CESで発表されたこの有機ELテレビに関しては、現時点でもCESでの発表と同じく、グローバルでの発売を年内とするに留まった。だが、会場には10台以上の有機ELテレビを展示して、量産に向けた準備が整いつつあることを強調してみせた。明るさでは優位性を発揮するLG電子独自のWRGBによる4原色方式のパネルの量産化の課題も解決しつつあるようだ。

 今回の展示では、壁かけタイプ、据え置きタイプ、自立タイプの3種類を用意していた。

  • 55型の有機ELテレビ「LG55EM970V/975V」

  • 有機ELテレビは自立型も展示

  • こちらは壁掛け型

 もうひとつの展示の目玉が、84型の4Kテレビである「UD(ウルトラ・ディフィニション)3Dテレビ」だ。

 84型UD 3Dテレビは今回初めて展示したもので、韓国では9月から出荷することになっているという。それ以外の地域には順次展開していくとしているが、日本市場への投入については現時点では未定だ。

 そのほか、3D表示を可能とする大型液晶テレビを相次いで展示。日本では未発売の72型のLM950や、日本ではLM9600として販売している55型のLM960など、ラインアップの広さを見せつけた。

  • 84型の4Kテレビ「UD 3Dテレビ」。韓国では9月から出荷する

  • 日本では未発売の72型のLM950や、日本ではLM9600として販売している55型のLM960などを展示

 テレビの周辺機器やサービスの展示にも力を注いでいたのも特徴的だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]