編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
解説

デジタル家電業界のトヨタ

三国大洋

2012-06-21 16:37

 米国にビジオ(Vizio)というテレビメーカーがある。

 国内電機メーカー大手の牙城である日本では、さすがに店頭で商品を目にする機会がほとんどないだろう。しかし、「名前くらいは聞いたことがある」という方も少なくないかもしれない。

 そのビジオが先週、同社としてはじめてのパソコンを発表した。アップルの新型MacBook Pro(Retina Display)の発表と、マイクロソフトが予告した「謎の製品発表」にはさまれたせいか、一部のメディアでしか採り上げられなかったが、なかなか興味を惹く記事を目にしたので、今回はビジオについて少し書いてみたい。

 主な参照元はThe Vergeに載った特集記事。おそらく、ビジオ側からの働きかけがあって取材したと思われる「開発者・担当者インタビュー」だ(註1)。

米液晶テレビ市場で第2位のテレビメーカー

 ビジオは2002年の創業で、ハードウェアメーカー(OEM)としてはかなり若い企業だ。しかし、アイサプライの資料(IHS iSuppli)によると、2011年Q4の米液晶テレビ市場シェアではサムスン電子に次ぐ第2位となっている(註2)。ちなみに、さらに1年前の2010年Q4には、いちはやくLEDバックライトをつかった薄型液晶テレビに力を入れたのが奏功し、サムスン電子を抜いて首位に躍り出ていた。

 ところが、このアドバンテージがなくなってしまい、2011年Q4には出荷台数が前年同期比44%減となった(それでも160万台強を出荷し、15.4%のシェアを獲得している)。さらに今年は米韓の自由貿易協定(FTA)締結の影響で、「ビジオにはますます不利になりそう」というアナリストのコメントもみられる(註3)。

 また、世界シェア首位のサムスン電子でさえも経営的に苦戦を強いられてきたテレビ市場のことを思うと、たとえナンバー2であっても、大手各社を相手に戦うビジオが決して楽な状況にあるとは思えない。そうしたことからも、携帯端末などに比べてより成熟したパソコン市場への参入は、ビジオにとってかなり戦略的に重要な一手であることが推測できると思う。

 ところで。

 ふだんはアップル製品、そしてテレビ周りはソニー製品しか使っていないような私が、このすぐに買えもしないビジオのパソコンに目をとめ、The Vergeの長い記事に目を通したのには、理由があった。それは何をさておき製品——とくに一体型デスクトップのデザインにあった。

 「百聞は一見に如かず」で、まずは紹介の動画と製品の写真をご覧いただきたい。

[CNET.comによるレビュー]

 CNET.comやThe Vergeの記事では、「そもそもビジオが米国のブランドだったなんて知らなかった」「アップルのデザイン路線をちゃっかり踏襲したのでは……」というような読者の書き込みがみられて面白いのだが、ここではそうした消費者(ユーザー)目線の話には触れない。ボーナス一回分をまるごとはたいて「Macintosh LC II」を買ったことをいまだに記憶している者には、「これだけ高スペックで、洒落たデザインのパソコンが、900ドル以下で手に入る」という事実だけでも、ある種の驚異であったりする。

 しかし、直近のWindowsマシンの性能やコストパフォーマンスのレベルからみて、Vizioのパソコンがどこまですごいのか、あるいは手頃な製品なのかは、正直よくわからない。さらに、デザインについては当然主観的な好き嫌いが入ってくる。ましてや実物の質感が確かめられていないモノについては、尚更と思えるためである(写真では結構洒落て見えたのに、実物があまりにプラスチックな質感でがっかり……といったガジェットはいまだによくあると思う)。

 それでも仕事柄、長い時間をモニターの前で過ごす身としては、つい「ふたつあるHDMI端子の片方にMac miniをつなぎ、もうひとつにBlu-rayレコーダーをつないで……それだとApple TVが指せないか」などと想像をかき立てられてしまう製品という印象は受けるのだ。(次ページ「テレビという成熟市場で強さを発揮できる理由」)

註1:The Vergeに掲載されたVizioの担当社インタビュー

Vizio reboots the PC: a quiet American success story takes on sleeping giants



註3:米韓FTAでビジオには不利な状況に?

"The recent Free Trade Agreement between the United States and South Korea will remove tariffs imposed on Korean firms selling TVs in America," Morrod said. "Because of this accord, Samsung and fellow South Korean brand LG Electronics are poised to increase their shipments in the United States this year."

Samsung Widens Lead in US LCD-TV Shipment with Record-High Market Share in Q4

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]