編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IBM、社内の全データを検索できるソフト--サーバ問わずにポータルに表示

田中好伸 (編集部)

2013-01-28 12:29

 日本IBMは1月28日、データの形式や保管場所を問わずに全社のデータをポータル画面に集約するソフトウェア「IBM InfoSphere Data Explorer V8.2」の販売を開始した。税別価格は527万3000円から。Vivisimoを統合してから初の製品になる。

 InfoSphere Data Explorerは、データベースやメール、文書ファイル、ウェブページなど物理的に異なるサーバに格納された社内のデータを単一のポータル画面に表示し、キーワード検索機能を提供する。

 キーワードで検索すると、得られた複数の検索結果をほかのキーワードで分類した結果、検索キーワードを含む情報がいつごろ多く作成ているのか、これまでどれくらい閲覧されているかなどをヒストグラムで表示した画面など、検索キーワードで得られた膨大な情報から、必要な情報を絞り込むためのヒントが複数表示される。

 閲覧した情報にタグを付けることで再検索を容易にしたり、コメントを追加することで、ほかのユーザーに自身の知見を共有できるなど、コラボレーションの機能も提供される。ユーザーは、IDとパスワードでポータル画面にログインし、閲覧を許可されたデータにだけアクセスできる。

画面 InfoSphere Data Explorerの画面
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]