編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

IBM、CEPソフト「Streams」と非構造化データ分析ソフト「BigInsights」の新版

田中好伸 (編集部)

2012-11-19 12:46

 日本IBMは11月19日、複合イベント処理(CEP)ソフトウェアの新版「IBM InfoSphere Streams V3.0」の販売を開始した。税別価格は444万円から。前版より40%低料金という。

 InfoSphere Streamsでは、IBMが独自に開発したCEP用言語「Streams Processing Language(SPL)」を活用してアプリケーションを開発する。SPLは、データを間引きする(フィルタリング)機能や複数のストリームを1つの出力ストリームに結合する機能、平均値や最大値を出力する機能など「オペレーター」と呼ばれるさまざまな機能を提供し、それらを組み合わせることでアプリケーションを生成する。これまでは、複数のオペレーターを組み合わせ、テキスト形式のソースコードを作成するといった操作が求められるため、SPLに対する一定の理解が必要とされた。

 新版のInfoSphere Streams V3.0では、オペレーターが矩形のグラフィックとして提供され、開発環境の画面にドラッグ&ドロップで配置し、線で結合するという操作でアプリケーションを開発できるようになっている。SPLを理解することなく、CEP用アプリケーションを開発できるようになったと説明している。

 新版には、「アクセラレーター」という5つの機能群も追加されている。「時系列アクセラレーター」では、予測分析や回帰、平準化など時系列データの分析に便利な20個のオペレーターを提供。株式市場の取引データや為替レートなどのリアルタイム分析に活用できるという。

 「空間情報アクセラレーター」では、全地球測位システム(GPS)などの位置情報から距離や方向を計算するためのオペレーターを提供。地域特性に応じたマーケティングや効率的な配送ルールのけっていなどの用途に活用できる。

 このほかにソーシャルメディア分析用アクセラレーター、センサやコンピュータから出力されるデータを取り込んで変換し、モデル化して分析するためのアクセラレーター、通信業向けのアクセラレーターも提供される。

 同社は、非構造化データを処理するソフトウェアの新版「IBM InfoSphere BigInsights V2.0」も発表している。税別価格は111万円。InfoSphere BigInsightsは、分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」をベースにしている。

 InfoSphere BigInsights V2.0には、可視化機能としてビジネスインテリジェンス(BI)ツール「IBM Cognos」を新たに追加、分析結果を従来より簡単かつ多面的に出力できるという。4月に買収したVivisimoの検索機能を統合したことで、大量の非構造化データの検索と可視化ができるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]