編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

CTC、仮想インフラを構築、運用する「vDeps」--vCloud Directorを活用

田中好伸 (編集部)

2013-03-19 16:46

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は3月19日、サーバやストレージ、ネットワークなどのリソースを統合的に管理する仮想インフラを構築、運用する「vDeps」の販売を開始した。仮想環境を活用したクラウドサービスの提供を計画している企業、提供済みのクラウドサービスの効率化を検討している企業に販売していく。

 vDepsは、クラウド管理ソフトウェア「VMware vCloud Director」のリソース自動構成機能や監視機能を活用する。セキュリティを保ったまま、ポータルから仮想マシンを準備したり、ディスクイメージを管理したりできると説明。あらかじめ定義されたサービス品質保証契約(SLA)や性能要件に基づいた、ユーザーが柔軟にリソースを準備できるという。参考価格として、仮想マシン75台が稼働するインフラで3600万円を提示している。

 CTCはプライベートクラウドとパブリッククラウドを相互に運用する、VMwareの認定資格「VMware vCloud Poweredサービスプロバイダ」をすでに取得済み。vCloud Directorを活用した自社開発のIaaS「cloudage CUVIC OnDemand」や研究開発向けの独自の社内クラウドサービスを提供している。

 システムの設計や運用の経験に基づいて、vDeps導入の際の既存インフラとの親和性を検証するデモンストレーションやアセスメントといったサービス、管理者ガイド、ユーザーガイドを含めた各種のマニュアルも用意。クイックスタートや効率的な運用が可能になると説明している。

 vDepsは今後、研究開発部門のある製造業、企業向けにITリソースを提供しているサービスプロバイダー、通信事業者を対象に営業する。ネットワーク設定の自動化、クラウド間連携やデータセンター間連携を視野に入れて、ソフトウェアで効率的に管理する“Software Defined Infrastructure”のコンセプトで推進すると説明している。

図
vDepsのシステム構成

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]