編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

CTC、仮想インフラを構築、運用する「vDeps」--vCloud Directorを活用

田中好伸 (編集部)

2013-03-19 16:46

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は3月19日、サーバやストレージ、ネットワークなどのリソースを統合的に管理する仮想インフラを構築、運用する「vDeps」の販売を開始した。仮想環境を活用したクラウドサービスの提供を計画している企業、提供済みのクラウドサービスの効率化を検討している企業に販売していく。

 vDepsは、クラウド管理ソフトウェア「VMware vCloud Director」のリソース自動構成機能や監視機能を活用する。セキュリティを保ったまま、ポータルから仮想マシンを準備したり、ディスクイメージを管理したりできると説明。あらかじめ定義されたサービス品質保証契約(SLA)や性能要件に基づいた、ユーザーが柔軟にリソースを準備できるという。参考価格として、仮想マシン75台が稼働するインフラで3600万円を提示している。

 CTCはプライベートクラウドとパブリッククラウドを相互に運用する、VMwareの認定資格「VMware vCloud Poweredサービスプロバイダ」をすでに取得済み。vCloud Directorを活用した自社開発のIaaS「cloudage CUVIC OnDemand」や研究開発向けの独自の社内クラウドサービスを提供している。

 システムの設計や運用の経験に基づいて、vDeps導入の際の既存インフラとの親和性を検証するデモンストレーションやアセスメントといったサービス、管理者ガイド、ユーザーガイドを含めた各種のマニュアルも用意。クイックスタートや効率的な運用が可能になると説明している。

 vDepsは今後、研究開発部門のある製造業、企業向けにITリソースを提供しているサービスプロバイダー、通信事業者を対象に営業する。ネットワーク設定の自動化、クラウド間連携やデータセンター間連携を視野に入れて、ソフトウェアで効率的に管理する“Software Defined Infrastructure”のコンセプトで推進すると説明している。

図
vDepsのシステム構成

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]