編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

トヨタ、総合ウェブサイト「GAZOO」一新--「Windows Azure」がベース

大河原克行

2013-04-26 15:20

 トヨタ自動車はクルマの総合ウェブサイト「GAZOO.com」を一新する。5月30日から新たな情報サイトとしてサービスを提供する。

 サイト一新で、ユーザー同士、ユーザーとクルマがつながる社会の発展を目指し、SNSの導入やスマートフォンを活用したドライブ先でのガイド機能の充実のほか、ユーザーが個別に求める情報を精度よくまとめるパーソナライズ機能、自動車情報の大幅な拡充などを図るという。

 FacebookやTwitterとも連携するほか、トヨタブランドの自動車情報サイトであるTOYOTA.jpの会員制度と、GAZOOの会員制度を統合し、それぞれの会員が相互にサイトを利用できるようにする。


トヨタ自動車 e-TOYOTA部 部長 山田博之氏

 トヨタ自動車 e-TOYOTA部 部長 山田博之氏は「人をつなぐためのサービスを“Re BORN(再構築)”するのが今回の取り組み。20~30歳代の若い世代、ヤングファミリーといった新たな利用者を獲得すること、さまざまな端末や幅広いネットサービスに対応できること、活用の幅を広げると同時に運用コストを削減することを目指す」とサイト一新の狙いを語る。

 GAZOOは、1998年にトヨタ系列販売店の業務改善から出発し、幅広いユーザーと接触するためのクルマ情報サイトとしてスタート。「トヨタの情報を提供するだけでなく、幅広い情報を提供し、クルマファンを増やすのが目的。中古車情報の画像(GAZO)などが、動物園(ZOO)のように集まったサイトという意味で、GAZOOと名付けた」(山田氏)という。2006年にリニューアルしてから若者の利用が増加。トヨタ車の購入層が50~60歳代が最も多いのに対して、GAZOO.comの利用者は30歳代が最も多く、「30歳代以下の若い層を獲得している」という。

 現在、月間165万人が利用。過去5年間で3倍に増加しており、今回のサービス一新で1年後には月間200万人の利用者を見込む。「現在、スマホからの利用は約3割だが、これを半分ぐらいにまで増やしたい」という。

 新サービスでは、スマートフォン向けアプリ「GAZOOドライブ」を用意し、スマホ活用によるお勧めルートや旬のスポットの紹介、バスガイドによる観光案内サービスも提供する。

 全国58カ所の「GAZOO MURA」を通じた地元からの情報発信の強化や、国内外の新旧自動車を含めた3000車種以上のクルマのデータベース構築、SNSとの連携によるユーザーによる日常的な情報発信、クルマに興味をもってもらうためのファンづくりに関連する情報などを提供するという。

 「クルマ好きの男の子を持つ家族向けに、トヨタオリジナルのカードゲームの提供を開始するなど、これまでのGAZOOには存在しなかったコンテンツを用意する」(山田氏)

  • ドライブを楽しむためのスマートフォンアプリも提供する

  • GAZOOはオンラインとオフラインをつなぐハブとしての役割も果たす

  • 自動車ポータルへと進化する

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]