三国大洋のスクラップブック

92億ドルの節税など--アップル「史上最大の社債発行」にまつわる数字のあれこれ - (page 2)

三国大洋 2013年05月09日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

1000億ドルを超えるAppleの海外滞留金

 今回の社債発行で調達した資金の使途は自社株の買い戻し。Appleは4月23日(米国時間)の決算発表の中で「自社株の買い戻しにあてる金額を、従来の5億ドルから、一気に60億ドルまで引き上げる」「2015年までに総額1000億ドルを株価対策(株式配当支払いと自社株買い戻し)にあてる」などといった計画を発表していた。



[Apple Raises $17B in Largest Corporate Bond Sale - Bloomberg West]

 Appleの3月末の現金残高(cash and equivalents)は約1450億ドルで、このうち3分の2にあたる約1000億ドルが米国外に置かれている。「推定92億ドルの節税」というのは、仮にこの海外滞留資金1000億ドルのなかから170億ドルの資金を捻出しようとすると、資金を米国内に持ち込む際に35%の法人税(Repatriation Tax)が掛かるため、必要となる金額はあわせて約260億ドルになってしまうという試算によるもの(註5)。この90億ドルという数字の規模感をどう伝えていいかは迷うところだが、「Appleの1-3月期の純利益が約95億ドルだった」(註6)とか、「このところ少し株価が持ち直しているBlackberryをそっくり買ってもまだおつりが来る」(註7)などいくつか比較の対象も浮かんでくる(註8)

 なおこの社債発行について、TUAWでは「1株447ドル(5月2日時点)に1.85%の金利をかけると約8ドル26セント」で、この経費扱いできる(課税対象にならない)8ドル強のコストで「税金の掛かる配当金年間12ドル20セント(3ドル05セントx4回)を節約できる計算」になるなどと指摘している(註9)。

 またQUARTZでは、「Appleの社債発行は、同社経営陣が米国議会による法人税の大幅な改革が近いうちには実現しないと見込んでいることの表れ」などとした上で、公表した総額600億ドルの株式買い戻しを実施するために「Appleは2015年までに毎年150億~200億ドルを(社債発行で)借り入れることになる」と記している。これは米連邦議会で下院を押さえる共和党側が、オバマ政権や民主党側が求める連邦政府の借入額上限の引き上げに絡める形で、法人税の大幅改訂(税率の引き下げ、控除項目の簡素化など)を交渉の俎上に載せようとしている、といった流れがあるためらしい(註10)。連邦政府の債務=借り入れ額上限引き上げ問題については現行の暫定措置が9月末に期限切れを迎えるため、場合によっては昨年末から年明けや3月初めにあったドタバタが、夏の終わりから秋口にかけて再び繰り返される可能性もあるという(註11)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]