編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
三国大洋のスクラップブック

92億ドルの節税など--アップル「史上最大の社債発行」にまつわる数字のあれこれ

三国大洋

2013-05-09 07:30

 Appleが過去最大となる170億ドルの社債を発行、結果として最大92億ドルの税金を節約……そんな話がこの連休中に一部のニュースサイトなどで話題になっていた。

 本連載で何度か取り上げてきたいわゆる「Repatriation Tax」に関連するこの話について、いくつか目についた数字などを今回は紹介したい。



[Apple Saves Billions By Not Repatriating Profits - Bloomberg TV]

170億ドルの社債発行、注文は3倍以上にも

 WSJ記事(註1)には過去の大型社債発行をまとめたリストがあるが、これによるとこれまでの最大はRocheの165億ドル、続いてFrance Telecomの164億ドルなどとなっており、Appleの社債発行額はこれらを抜いて1位に。また同記事によると、投資家からの需要も旺盛で購入注文の金額は約520億ドルと発行額の3倍以上に上ったという。

[Apple's Record Plunge Into Debt Pool - WSJ]

 TUAWブログにはこの内訳が出ていて下記のようになっている(註3)。

図

 借入金利は平均1.85%、Appleが払う利子は年間推定3億1400万ドルに過ぎず、さらにこれに利子支払い分にかかわる税控除(年間推定1億ドル)が加わって、実質2億ドル少々のコストで済んでしまうという(Bloomberg 註3)。

 なお、別のWSJ記事(註4)によると、Appleの信用格付けは上から2番目のAAプラス(Standard & Poor's)、 Aa1(ムーディーズ)でトリプルAのMicrosoftに比べてわずかに低いが、それでも前週に売り出されたMicrosoftの社債とほぼ同じレベルの金利(10年ものでApple2.415%、Microsoft2.413%)で、また発行金額が大きかったため、社債発行を引き受けた投資銀行への手数料は0.3%で、Microsoftのそれ(0.45%)を上回る有利な条件になった(いずれも10年ものの場合)。ちなみにこの社債発行でAppleが支払った手数料はGoldman Sachsが3830万ドル、Deutsche Bankが930万ドルなど、あわせて5300万ドルだったという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]