オラクル、公益業界向けアプリケーション新版--メーターデータも効率活用 - (page 2)

大河原克行

2013-07-23 17:50

全国の電力会社から強い関心

 日本オラクルは4月に電力システム改革推進室を設置、米Oracleの専門部署であるUtility Global Business Unitと連携している。電力エネルギー会社、新電力参入検討企業、官公庁、自治体などに、グローバルで展開してきた知見やノウハウなどを提供する体制を整えていた。

 「4月以降、全国の電力会社との話し合いを進めている。高い関心が集まっている」(日本オラクル 電力システム改革推進室 室長 田積まどか氏)

 Oracleは全世界173社の電力会社や機器ベンダーで構成された「UCAインターナショナルユーザーグループ」に参加しており、この活動を通じて、この領域における国際標準に準拠しているという。

 「海外での導入事例はさまざまな国に及んでおり、発送電分離をはじめとして、すでに数百社での導入事例がある。日本ではこの業界での実績について知られていないが、Customer Care and BillingもMeter Data Managementも、第三者機関の評価で業界のリーダーとして評価されている。この両方でリーダーとなっているのはオラクルの強みといえる。こうした事例をもとに、日本の公益業界向けに提供できる」と、今後の日本での展開に自信をみせた。


Utilities Customer Care and Bilingの概要

Utilities Meter Data Managementの概要

Utilities Smart Grid Gatewayの概要

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]