編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向
体内メンテ講座

休日プチ断食のススメ--脳が冴え、仕事の効率が上がる

小島あり彩

2013-08-17 07:30

 このコラムでは「ビジネスマンの資本である体の内側のメンテナンス」をテーマに、力強く働き続けるために日常的にできる具体的な事柄を紹介します。

 第1回では、夏だから体をしぼりたい、薄着になるにつれてお腹の脂肪が気になる、でも忙しくてなかなか運動ができない、外食が多い、何から取り組んだらいいのか分からないという方が、最初に取り組める簡単な工夫として、食事そのものではなく、食べる順番を変えてみることをお勧めしました。

 第2回目となる今回は、断食の健康効果を手軽に取り入れる手法を紹介します。プチ断食といわれることもある「ファスティング」の効果を見ていくことにします。


ファスティングが多忙な現代人の仕事に役立つ?

 最近美意識が高い女性の間や健康意識が高い経営者の間で流行っているのが「ファスティング」。初めて耳にする方も多いと思いますが、日本語にすると“断食”という意味です。

 断食と聞くと「食べないなんて無理」「体に悪そう」「力が出なさそう」と思うかもしれませんが、実は仕事などの日常生活を送りながら行うのが可能な、健康維持やメタボの方のためのファスティングの種類というのがあるのです。それは酵素の力を借りて行うミネラルファスティングです。

 酵素ドリンクで1日500kcal以上のカロリーと多種類のビタミン、ミネラルなどの栄養素を摂取することで、何も摂らない絶食よりも空腹感が少なく、リバウンドがしづらいと言われています。体をリセットすることでメタボ対策以外にもさまざまな効果が期待できます。

 無理なく行える上に即効性が期待できることから芸能人、アスリート、モデルなど体をメンテナンスする意識が高い方達が行うことが多く、最近では一般女性や経営者の間でブームになっています。

・『仕事をしながら』効率的に健康

 ミネラルファスティングの大きな特徴は、断食道場や寺にこもるのではなく日常生活をおくりながら行えるということです。酵素ドリンクで1日のカロリーとたっぷりのビタミン、ミネラルを摂ることで空腹感を抑えます。

・昼食後の眠気知らず

 消化の仕事が減ることで昼食後、眠くなったり、頭がぼーっとすることがなくなり、本来の業務に集中します。

・仕事のクリアリング

 体に不要なものを入れないファスティング中は、不思議と普段よりも部屋やデスクの散らかりや不要なものが目につきます。体の中だけでなく、デスクの引き出しに入りっぱなしの書類や不要な仕事をデトックスしてみてはいかがでしょうか。

・企画やアイデアを出すのに最適

 ファスティングで期待できる効果の1つが「感覚を鋭敏にする」ことです。多くの方が2、3日目辺りから脳が冴えているように感じたり、嗅覚をはじめとする五感が冴えていると感じることから、経営者はファスティングをすることもあるようです。

 以下のいずれかに当てはまる方、必見!

症状

  • お腹周りのお肉が気になる
  • 昼食の後、眠気を感じたりぼーっとする
  • 疲れやすい
  • 脱毛が気になる
  • 集中力が落ちてきた

生活習慣

  • 会食や会社の飲みが毎週ある
  • ランチをコンビニやファーストフードですますことがある
  • 小腹が減った時はお菓子を食べる
  • 1日3本以上タバコを吸う
  • 食生活の乱れが続いている
  • 睡眠時間が5時間以下の日がある
  • スタミナをつけたい時はがっつり肉!


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]