アナリストの視点

縮小するハードウェア保守サービス市場--事業者は業界再編に備えるべき

石塚俊 (矢野経済研究所) 2013年08月26日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまで保守サービスは、IT事業者にとって重要な収益源となってきた。それは、保守サービスが、保守契約により継続的な定額収入を確保できるストック型のビジネスだからである。ユーザー側も保守サービスに対する対価には特に疑問を持たずに支払ってきた。

 しかしながら、保守サービス市場は、現在厳しい状況下にあり、市場は年々縮小している。それは、保守料金の多くはハードウェアの単価に連動して算出されており、そのハードウェア単価が全般的に低下しているためである。

 「保守サービス全体」の2011~2017年度の年平均成長率(CAGR)は1.8%減で推移する予測であり、中でもユーザー企業内にあるハードウェアのメンテナンス業務を代行する「オンサイトハードウェア保守サービス」の年平均成長率が4.4%減と特に大きくなると予測している。(2013 システム運用保守サービス市場の実態と展望)

 メインフレーム(汎用機)を例に挙げると、メインフレームで構築したシステムを、UNIXやWindowsなどのプラットフォームに移植するレガシーマイグレーションが進展しており、出荷金額、出荷台数ともに低下している。メインフレームには、高度な信頼性を要求される社会インフラシステムの中核として、今後も一定の需要が見込まれるものの、高額なハードウェアであるメインフレームの出荷状況の悪化は、保守サービス市場を縮小させている。

 またオープン系サーバにおいても、テクノロジの進歩や生産技術の向上などに伴い低価格化が進行している。このようなハードウェアの単価の低下は、保守料金を低下させるだけにとどまらず、「保守契約を締結せずに、壊れたら再度製品を購入すればいい」といった考え方をする企業も登場させ、保守サービスの利用自体も減少させている。

 そのほか、データセンターへの集約やクラウドコンピューティングの普及も保守サービス市場を縮小させている。クラウドコンピューティングでは、アプリケーションからOS、ストレージ、インフラに至るあらゆるレイヤにおいて、ITリソースはクラウドサービスの提供者(クラウドベンダー)によって集中管理、集中処理される。

 そのようなクラウドコンピューティングの概念が普及したことで、ユーザー企業は、IT機器を所有するのではなく利用するようになってきており、ユーザー企業内にあるIT機器をリカバリーする保守サービスの需要が減退している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算