編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

オラクル、分析専用機「Exalytics」にSPARCベースの新モデル

田中好伸 (編集部)

2013-09-25 19:43

 米Oracleは米国時間9月24日、分析専用機の新モデル「Oracle Exalytics In-Memory Machine T5-8(Exalytics T5-8)」を発表した。現行の「Oracle Exalytics X3-4」(Solaris版)の上位モデルとして追加される。

 Exalytics T5-8のスペックは、メインメモリが4Tバイト、メモリの帯域幅は毎秒1Tバイト。フラッシュストレージは3.2Tバイト、ハードディスクが7.2Tバイトとなっている。1つのプロセッサに搭載されるコアは16、全体のコア数は128。処理できるスレッドの数は1024となっている。

 I/Oの帯域幅は毎秒256Gバイト。10GbEとInfiniBandをサポートしている。同社のNASストレージ「Sun ZFS Storage Appliance」やSANストレージ「Pillar Axiom」とも高速に接続できるという。

 Oracleでは新モデルについてビジネスインテリジェンス(BI)と企業業績管理(EPM)のアプリケーションで圧倒的な性能を出せると説明している。同モデルでは、BIソフトウェア「Oracle Business Intelligence Foundation Suite」が最適化されているといい、レポートやダッシュボード、アドホックな分析、多次元分析、スコアカードなどを単一の基盤に統合されているとしている。プロセッサあたり8000人以上のユーザーをサポートできると強調している。

 Exalytics T5-8は、RISCプロセッサ「SPARC T5」を8個搭載したUNIXサーバ「SPARC T5-8」をベースにしている。2011年の「Oracle OpenWorld 2011」で発表され、モデルを更新してきたが、基本はIntelのCISCプロセッサ「Xeon」が中心のIAサーバをベースにしてきた。今回のExalytics T5-8はUNIXサーバがベースとなっている。

 ハードウェアとソフトウェアを作り込んで最適化する、OracleのEngineered Systemsはこれまで、Exalyticsのほかにデータベース専用機の「Oracle Exadata」やアプリケーション専用機「Oracle Exalogic」というXeonベースと、SPARCベースの垂直統合型システム「SPARC SuperCluster」に分かれていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]