編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

オラクル、分析専用機「Exalytics」にSPARCベースの新モデル

田中好伸 (編集部)

2013-09-25 19:43

 米Oracleは米国時間9月24日、分析専用機の新モデル「Oracle Exalytics In-Memory Machine T5-8(Exalytics T5-8)」を発表した。現行の「Oracle Exalytics X3-4」(Solaris版)の上位モデルとして追加される。

 Exalytics T5-8のスペックは、メインメモリが4Tバイト、メモリの帯域幅は毎秒1Tバイト。フラッシュストレージは3.2Tバイト、ハードディスクが7.2Tバイトとなっている。1つのプロセッサに搭載されるコアは16、全体のコア数は128。処理できるスレッドの数は1024となっている。

 I/Oの帯域幅は毎秒256Gバイト。10GbEとInfiniBandをサポートしている。同社のNASストレージ「Sun ZFS Storage Appliance」やSANストレージ「Pillar Axiom」とも高速に接続できるという。

 Oracleでは新モデルについてビジネスインテリジェンス(BI)と企業業績管理(EPM)のアプリケーションで圧倒的な性能を出せると説明している。同モデルでは、BIソフトウェア「Oracle Business Intelligence Foundation Suite」が最適化されているといい、レポートやダッシュボード、アドホックな分析、多次元分析、スコアカードなどを単一の基盤に統合されているとしている。プロセッサあたり8000人以上のユーザーをサポートできると強調している。

 Exalytics T5-8は、RISCプロセッサ「SPARC T5」を8個搭載したUNIXサーバ「SPARC T5-8」をベースにしている。2011年の「Oracle OpenWorld 2011」で発表され、モデルを更新してきたが、基本はIntelのCISCプロセッサ「Xeon」が中心のIAサーバをベースにしてきた。今回のExalytics T5-8はUNIXサーバがベースとなっている。

 ハードウェアとソフトウェアを作り込んで最適化する、OracleのEngineered Systemsはこれまで、Exalyticsのほかにデータベース専用機の「Oracle Exadata」やアプリケーション専用機「Oracle Exalogic」というXeonベースと、SPARCベースの垂直統合型システム「SPARC SuperCluster」に分かれていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]