編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

サッポロビール、複数のソーシャルメディアを組み合わせブランドロイヤルティ向上を図る

山田竜司 (編集部)

2013-10-16 16:37

 サッポロビールはソーシャルメディアを使ったプロモーションの実施状況をクラウドで管理し、消費者によるブランドへのロイヤルティ向上を図っている。導入を担当したオラクルが10月16日に発表した。

 サッポロビールのFacebookページは11万以上の「いいね!」を集めている。同社は、いいね!してくれたファンの地域や属性にあったコンテンツやキャンペーンを展開し、ファンの忠誠心を高める考えだ。

 そこでサッポロビールはオラクルの「Oracle Social Relationship Management」(SRM)を導入した。SRMはSaaS型のソーシャルメディア管理ツールで、複数のソーシャルメディアを一括管理し、ファンごとの属性を考慮した投稿を最適なメディアで実施できる。サッポロビールはFacebook、Twitter、Google+でSRMを利用している。

 また、写真コンテストのようなキャンペーンを実施する際、Facebookアプリを迅速に作成できるようになった。投稿へのユーザーの反応を即座に分析、把握することにより、世代や地域別の反応をもとに広告施策などにも生かすとしている。

 サッポロは、今後、SRMを活用して新しいキャンペーンや旬の情報を最適なソーシャルメデイアで配信することにより顧客満足度を高め、2013年末には15万のいいね!獲得を目指すとしている。


サッポロビールのFacebookページ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]