編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2014年のオープンソース界10大予想

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2014-01-15 07:30

 2013年は、オープンソース界にとって着実な前進の年だった。良いことが多くあり、悪いことも少しはあった。Linuxは今後も着実に地歩を固めていき、2014年は過去最高の年になるだろう。

 読者の中には、これもLinux信者が毎年語る世界制覇の妄想だと感じる人もいるだろう。しかし、今回の大胆な予想には、十分な理由があるのだ。ここでは、2014年がLinuxとオープンソースにとって輝かしい年になると筆者が考える、10の理由を説明する。


1.企業データの分野でオープンソースが主流になる

 これは、好調な「Red Hat Enterprise Linux 6.5」の導入が今後も続くことにもよるが、実はそれ以外にも要因がある。データのセキュリティと柔軟性に対する大企業の要求が高まるにつれ、そのニーズを満たすために彼らはオープンソース(特にLinux)に目を向けざるを得なくなる。データの表現と共有に対する大企業の要求は、ますます大きなものになっていくが、それを実現するには、オープンソースを選択する以外にないことに気づくはずだ。

2.ValveがOEMハードウェアメーカーに呼びかけを行う

 ValveがLinux Foundationに参加した。このことがもたらす大きな利点は、同社がOEMハードウェアの開発会社とメーカーに対して、Linuxのサポートにより多くの資源を投入するよう求めているということだ。このことで、最初に恩恵を受けるのは、NVIDIAとATIのハードウェアを所有しているユーザーだろう。Valveは、これら2つのハードウェアメーカーが、オープンソースのプラットフォームとソフトウェアを全力でサポートすると保証している。

3.Linuxタブレットがようやく日の目を見る

 2014年中には、マーケットの主流になるタブレットは出てこないかもしれないが、少なくともUbuntuは、年末までにはマス市場向けのハードウェアにインストール可能なイメージを出してくるだろう。筆者はこれが「Nexus」シリーズを始めとして、サムスンやMotorolaの製品にも提供されると考えている。これらのイメージがハードウェアに一度組み込まれ始めれば、他のメーカーもLinuxタブレットの流行に乗り始めるだろう。

4.「GNOME 3」が再び競争力を取り戻す

 2013年に大きく失望させられたことの1つに、「GNOME 3」がある。筆者は、この状況を改善する何らかの準備がある(それが何かはまだ分からない)と信じている。それはユーザーが使いやすいアプリケーションランチャー(「Unity Launcher」のような)かもしれないし、新しい「GNOME Core Apps」(「Maps」、「Music」、「Calendar」、「Software」、「Photos」)のリリースかもしれない。どちらにせよGNOME 3は、最新インターフェースの良さを保ちながら、2014年中にかつての栄光をある程度取り戻すだろう。

5.KDEに形勢を変えるような機能がリリースされる

 KDEは、このところ陰に隠れてしまいがちだった。それでも、スタートメニューのメタファを使った、伝統的なタイプのキビキビしたデスクトップを作るために、KDEは歩みを止めず、今あるものを改良し続けている。2014年には、KDEの開発者はこのデスクトップに形勢を変えるような優れた機能を追加して、ユーザーを呼び戻そうとするはずだと筆者は考えている(たとえそれが一時的なものだとしても)。筆者は、「KDE Tasks」が大々的にオーバーホールされ、デスクトップの利用を大きく効率化してくれるものになるのではないかと考えている。あるいは、「KDE 5 Plasma 2」のモジュール基盤が、大きく前進するという可能性もある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]