英国式シリコンバレーは成功するか?--ロンドンの「テック・シティ」(後編) - (page 4)

Steve Ranger (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2014年02月14日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

#6:テック・シティはこれからどこへ向かうのか?

 シリコン・ラウンドアバウトがテック・シティになったように、Tech City Investment Organisationは少し前に、ロンドンにおけるデジタル起業家の居留地域のさらなる拡大を受けてその地をTech City UKとして再ブランド化した。


同地域ではここに拠点を置くIT起業家を祝福する取り組みを行っている。通りの名前を見てもそのことが分かるはずだ。
提供:Steve Ranger/TechRepublic

 TechstarsのJon Bradshaw氏には、ロンドンにおける新興企業の興隆によってより大きな影響が生み出されるのか、そしてこの地域はさらなる広がりを見せるのかという疑問がある。同氏は「オールド・ストリート以上のものになれるのだろうか?ロンドンのより広い一角を占められるのだろうか?ベルリンではIT企業が至るところに存在している」と述べた。

 また、熱意と、勢いを感じる証拠はあるものの、まだまだ初期の段階であり、シリコンバレーにおける成熟したエコシステムの象徴とも言える買収や新規株式公開(IPO)、すなわち起業家が大金を手にし、その資金を元手に小規模ビジネスを立ち上げ、プロセスを最初からやり直せるような大きな「出口」にも至っていない。

 テック・シティはいまだに初期の立ち上げ時期にある。テクノロジ分野のアクセラレーターたちは、自らの成果としていくつかの企業の波を作り出しただけであり、シリコンバレーで数十年にわたって実践されている、株式上場や買収によって次の起業に使える資金を捻出できるというところにまで至っている企業はほとんどない。

 Bradshaw氏は「オールド・ストリート、すなわちシリコン・ラウンドアバウトに元からいるテナントの1つがいったん出口に至り、5〜6年の好循環を完遂すれば、次の選択肢を持つ従業員のところに資金が集まり、一巡したこのサイクルを繰り返すことが可能であると証明できる。これによってシステムが再起動し、資金が還流していくのだ」と述べている。

 テック・シティに対するよくある批判の1つに、目に見えない壁の存在がある。つまり(今では)簡単に起業できるが、数人のチームの会社を数百人、あるいは数千人規模の会社に変えられるだけの資金を捻出するのははるかに難しいのである。Tech City UKは最近、50の企業に追加サービスへのアクセスを提供するプログラムを立ち上げた。これによって、ベンチャー資金を求めてサンフランシスコを目指したり、ウォールストリートで上場するためにニューヨークに移るのではなく、ロンドンでの株式公開を奨励するというわけだ。また、ロンドン証券取引所は、成長著しい企業に対してより魅力的な選択肢を提供するよう規則を改定した。これによりアナリストや広報関係などの仕事の創出といった波及効果が生み出されている。

 実際のところ、これはテック・シティの持続的な影響となり得る。その影響とは、ホクストンの不動産価格や、近所のカフェで出てくるコーヒーの品質に対してではなく、ロンドンのより広範囲な経済成長に対してである。2014年は、この地域が飛躍的な進歩を見せるか、再び色あせていくのかが明らかになる年だと多くの人が考えている。

 しかし現在、テック・シティの規模と信用は増大し続けており、当地を去る者でさえもその魅力を感じている。Lumiの会社はこの地を後にしたものの、このような状況は変わるかもしれないとStiksel氏は述べた。同氏は「この近所に戻ってくる可能性は十分にあり、そのための準備ももうほとんどできている。ここに拠点を移した理由はあまり注目されたくないためだったが、今ではそれが少しマイナスになっているからだ」とも語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookTwitterRSSメールマガジンでも情報を配信しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]