編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

アプリケーション戦略はビジネス戦略に従って「違いを作ってつなげる」 - (page 3)

齋藤公二 (インサイト)

2014-03-11 14:29

 Lexmarkでは、印刷、イメージング、コンテンツ管理、ビデオ、プロセス管理、検索などのマスターデータ管理やアナリティクスについて、ペースレイヤ戦略を採用した。コモディティ機能とコアサービスを分け、コモディティ機能は記録システムとしてSaaSに移行、ビジネス固有の機能については差別化システムとしてIaaSへと移行した。これにより、業界固有のコンテンツ管理やマネージドプリントサービスなど市場ニーズに応じたサービスを迅速に提供できるようになったという。

 Gaughan氏は、これら企業の成功の要因として、差別化につながる「ビジネスケイパビリティ」の把握があると指摘した。「どんなアプリケーションを持っているかというインベントリ調査から始めるわけではない。他社との差別化できるビジネスは何か、から始め、そこからポートフォリオを作成していくのが成功のポイントだ。こうしたことはビジネス部門との話し合いの結果見えてくるものだ」(同氏)

 また、ペースレイヤの取り組みをどこから始めていいか悩んでいる企業のために、ツールも提供しているという。このツールでは、ビジネスケイパビリティに対応するアプリケーションのポートフォリオを作成することができ、重複する機能や統合できるアプリケーションがグラフィカルに把握できるようになっているとしている。

 最後に、Gaughan氏はペースレイヤ導入のポイントとして「ステークホルダーとのブレーンストーミングで自社がどのような価値を提供できるかを描き直すこと」「アプリケーションのペースレイヤ戦略を導入して、有益なプロジェクトの優先順位付けを行うこと」「アプリケーションポートフォリオ管理の手法を利用して、現在のポートフォリオを評価すること」などを提言し、講演を締めくくった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]