外国人投資家が日本株を1150億円買い越し

ZDNet Japan Staff 2014年04月04日 12時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月24の週、外国人投資家は日本株を1150億円買い越した。楽天証券のチーフストラテジスト窪田真之氏が4月4日付けで公表した分析結果によると、今年に入ってから日本株を約2兆円も売り越した外国人の売買動向が変わる兆しがあり、再び外国人投資家が日本株を積極的に買ってくる局面が来ると予想される。窪田氏の見解は次のようなものだ。

(1) 外国人投資家の売買で決まる日本株のトレンド


外国人投資家の日本株売買(月次2013年1月~2014年3月)

 外国人投資家は昨年約15兆円も日本株を買い越した。日本株の上昇ピッチが速すぎて不安に感じる時でも、外国人は上値を追って買ってきた。今年の1月からは、いきなり約2兆円の売り越しに転じた。日本に固有の悪材料がない時に、どんどん下値を叩いて売ってくるのに驚かされた。

 ただし、外国人の売りも峠を越えたようだ。週間ベースで見ると、3月24-28日の週には1,150億円の買い越しに転じている。


外国人投資家の売買動向(週次2014年1~3月)

(2) 日本株は出遅れ

 1~3月は、世界的に株が売られたが、中でも、日本株の売られ方が一番大きかった。ドイツ株とアメリカ株は、1月からの下げを既に取り戻した。大きく下がった新興国株も、リバウンド局面に入っている。中国株も日本株ほどは下がっていない。当面、日本株は出遅れを修正する形で上昇が続くと予想できる。


日米独中の株価指数の動き比較(2013年末~2014年4月3日)
(注)12月末を100として指数化。ドイツはDAX指数、アメリカはNYダウ、中国は上海総合株価指数、日本は日経平均

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算