編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ヴイエムウェア、デスクトップ仮想化ソフト「Horizon」新版--RDSも統合管理

中城朋大 (インサイト)

2014-04-11 16:02

 ヴイエムウェアは4月10日、デスクトップ仮想化ソフトウェア群の新版「VMware Horizon 6」を発表した。仮想デスクトップ基盤(VDI)基盤となる「Horizon View」での仮想デスクトップ、リモートデスクトップサービス(RDS)のデスクトップとアプリケーション、アプリケーション仮想化ソフトウェア「ThinApp」でパッケージ化されたアプリケーション、クラウドのアプリケーションを統合して管理できるようになった。

 同社代表取締役社長の三木泰雄氏によると、多様なデバイスやアプリケーションが登場し、さまざまな場所からアクセスできるようになったことで、企業では、デバイスやアプリケーションを制限するのではなく、積極的に活用していくことでビジネスの幅を広げようとする動きが進んでいるという。

三木泰雄氏
ヴイエムウェア 代表取締役社長 三木泰雄氏

 「企業をサポートするためには、今あるデバイスだけでなく、今後出てくるデバイスにどう対応していくか、どう対応しやすい環境を作るかが重要なポイントだ。ヴイエムウェアでは、統合的な単一のプラットフォームでデバイスやアプリケーションを管理することで企業をサポートする。それを提供するのがHorizon 6だ」(三木氏)

 米VMwareのエンドユーザーコンピューティング プロダクトマーケティング ディレクター Victor Thu氏によると、VMwareはVDIを強化するために、VDIを物理環境やアプリケーションに拡張しようとしているという。ESXiの共有ストレージ機能「Virtual SAN」や仮想ネットワークの「NSX」を使って性能向上やコスト削減を図ろうとしており、課金やチャージバック、自動化などの機能を強化、あらゆるクラウド環境への対応を進めていると説明した。

Victor Thu氏
VMware エンドユーザーコンピューティング プロダクトマーケティング ディレクター Victor Thu氏
本田豊氏
ヴイエムウェア マーケティング本部 シニアプロダクトマーケティングマネージャー 本田豊氏

 ヴイエムウェアのシニアプロダクトマーケティングマネージャの本田豊氏は、Horizon 6の特徴として大きく(1)単一のプラットフォームによる仮想デスクトップとアプリケーションの提供、(2)統合ワークスペース、(3)Windowsのイメージ管理、(4)クローズドループ型の管理と自動化、(5)Software-Defined Datacenterへの最適化、(6)ハイブリッドクラウド――を挙げた。

 (1)の“単一のプラットフォームによる仮想デスクトップとアプリケーションの提供”では、Horizon 6の新たな機能として、RDSホスト型のアプリケーションをサポートしたことを強調した。前版の5.3までに、ThinAppでパッケージ化されたアプリケーション、RDSセッションベースのデスクトップをサポートしていた。

 新たに追加された(2)の“統合ワークスペース”を使ってデータセンターや端末のローカル上でホストされた仮想アプリケーション、SaaSの「Office 365」「Google Apps」などのアプリケーション、サーバ仮想化ソフトウェア「Citrix XenApp」上のアプリケーションなどをシングルサインオンであらゆるデバイスから利用できるようになった。

 (3)の“Windowsのイメージ管理”では、仮想デスクトップを階層型で管理する「VMware Mirage」で管理する。Mirageはレイヤごとに保存できる管理ツールであり、OSを移行する際にアプリケーションやユーザーの設定を変更せずに移行できるという。物理マシンだけでなく、仮想マシンや私物端末(BYOD)にも対応し、単一の仕組みとして管理できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]